「iPhone 6 5.5インチモデル」に2つの課題?

IT Proさんに、Apple、「iPhone 6」で過去最大の販売実績期待、中国市場が鍵握るという記事が掲載されていました。
 
記事によると、iPhone 6の5.5インチモデルは、9月に量産が開始されてるとのことです。
 
しかし、5.5インチモデルは、製造上の課題を抱えており、発売が2015年にずれ込む可能性もあるとのことです。
 
その課題は2点あるそうな…
 
 


1つは、タッチパネル。iPhone 6では、タッチパネル機能をディスプレイに内蔵するインセル方式を採用しているのですが、画面サイズがおおきくなるほど、画面の端部分でタッチ感度が鈍くなるという課題があるそうです。
 
2つ目は、メタルケース。色むらの問題が発生しており、こちらも5.5インチの方が技術的なハードルがより高いとのことです。
 
 
私は、4.7インチを購入するつもりなのでいいんですが、5.5インチ狙いの方はやきもきする情報ですかね。iPhone 4のホワイト問題のよりも、市場はふくれあがっているので、そう簡単に発売を先送りにする訳にもいかなそうですが、どうなりますか…。