超難関!? microからnanoへのSIMカットに挑戦!! その1

業界初のSIMカードが付録のSIM PERFECT BOOK(シム・パーフェクト・ブック)を購入しましたが、付属のSIMのサイズは、なんと「microSIM」だった!!
 

IMG_4221.jpg

当然iPhoneには、nanoしか入らない…ということで、microからnanoへのSIMカットに挑戦です!!
 
 


 
で、購入したがこちら。
 
,SIMパンチ&SIM変換アダプタ3枚&SIMピン&両面やすりセット

IMG_4226.jpg

いろいろセットで、これさえあれば、小さくするのも、大きくするのも自由自在。
 

IMG_4227.jpg

パンチは、標準SIM→micro、micro→nanoのカットが可能。
 

IMG_4263.jpg

早速microSIMをセットしてみるが、なんかセンターがずれているような…。ちょっと心配になったので、調べてみると…。
 
iPhoneのSIMフリーをドコモで使うさんの記事にこんなことが…

ドコモのmicroSIMの特徴は、金色の端子部分が非常に大きいことです。
さらに、金色の中央部分に重要部品が入っており、nanoSIM規格とはズレがあります。
海外のSIMのように、金色の端子が上方に寄っていないわけです。
(中略)
そもそも、カッターは金色端子が上方に寄っているmicroSIMをカットするためにありますので、間違ってもドコモのSIMをカッターで切らないようにしましょう。
カッターで切る位置と、ドコモのSIMで切るべき場所は違うということです。

なぬ!? そうだったのか。付録のSIMはドコモのSIM。 調べといてよかった…。
 
ということで、せっかく買ったSIMカッターは、使えなかった-…。SIMカッターがないとなると、自力で切るしかない!!
切り方は、先ほどの記事で詳しく解説されているのですが、SIMの中央あたりに入っている「黒い重要部品」を切らずに、nanoSMサイズにカットする必要があるとのこと。しかも「黒い重要部品」ギリギリのところで切らなければならず、かなり難しいそうです。
 
 
でも、やるしかないので、チャレンジしてみます。

IMG_4261.jpg

左が今回カットするmicroSIM。右が目指すサイズのnanoSIM。
これからカットしていきますが、はっきり言って、おすすめはしません。挑戦は自己責任で…。
 

IMG_4267.jpg

準備するのは、ハサミ、SIMカッターに付属していたヤスリなど。ハサミは、それなりにしっかりしたものじゃないと難しいと思います。
 

IMG_4268.jpg

まずは、nanoSIMをmicroSIMに重ねて、外形の枠線を描きました。とりあえず、だいたい真ん中辺りで。
 

IMG_4269.jpg

枠線よりも、ちょっと余裕を見て、外側をハサミでカット。
見えないけど中に入ってる「黒い重要部品」をカットしないように注意。
 

IMG_4271.jpg

とりあえず、ざっとここまでカット。
 

IMG_4272.jpg

ヤスリで微調整しながら…
 

IMG_4274.jpg

とりあえず、形になりました。
 

IMG_4273.jpg

切断面をみると「黒い重要部品」はまだ見えていません。ギリギリ見えるくらいがいいらしいのですが…。
 

IMG_4275.jpg

SIMトレーに入れて、iPhoneへイン!! 無事に認識されてくれ!!
 

IMG_4276.jpg

ん?? 認識されず!! まじか〜。
 
 
黒いやつは、切れていないはずなのですが、ハサミで切った際のストレスで壊れてしまったか、あるいは、iPhone側の接点と、SIMの端子の位置が合っていないのか(詳しくは先ほどの記事)。
黒いやつを切ってしまうのが怖くて、黒やつのギリギリまで切れてなかったので、後者の原因の可能性が高い気がする。もしそうならば、まだ復活のチャンスあり?
 
ということで、次回につづく。
 
 
「SIM PERFECT BOOK」を探す⇒Amazon楽天
 




2 件のコメント

  • やっちゃいましたか~nano-SIMの痕跡を見れば分かることですが、本体側は6pinなので中央部分を残すのは失敗作ですよね。わずかなのぞみをかけてガンバって!

  • SIMのICは光にかざせば、端子間のスリット部分でどこまで切っていいかわかります。
    細かな作業になるので、ハサミやカッターではなく「やすり」で削ってください。