超難関!? microからnanoへのSIMカットに挑戦!! その2

業界初のSIMカードが付録のSIM PERFECT BOOK(シム・パーフェクト・ブック)を購入しましたが、付属のSIMのサイズは、iPhoneでは使えない「microSIM」でした。
 
前回は仕方なく、nanoサイズに自力でカットしたものの…

IMG_4269.jpg

iPhoneに入れても認識されず!!
 
…からの、続きです。
 
 


 

IMG_4274.jpg

前回も書いたように、この写真で下側を、中の「黒い重要部品」が見えるギリギリまで、カットしないと、iPhone側の接点と、SIMの端子の位置が合わないらしい。
ということで、もう少し追い込んでみる。
 

IMG_4288.jpg

でました「黒い重要部品」。
これをSIMトレーに入れてみると…
 

IMG_4278.jpg
名称未設定.jpg

ぴったりnanoサイズから、さらに追い込んだため、小さすぎてトレーの受け部に引っかからなくなってしまった。
このまま入れて、もしiPhoneの中から抜けなくなったりしたら大変。
 
ならば、これだ!!

IMG_4280 2.JPG

接着剤で、カットした切れっ端を接着してみる。
 

IMG_4283 2.JPG
IMG_4284.jpg

なんか、無茶苦茶になってきたが、とりあえず完成。
ちゃんと、SIMトレーにものってます。さぁ、iPhnoeへイン!!
 

IMG_4285 2.jpg

うっし!! 認識された!! 大成功!?です!!
 
 
決っしておすすめするわけではありませんが、ドコモのmicroSIMをカットするなら、こんな手順が良さそう。

スクリーンショット 2014-12-20 午前10.48.09.png

下側から、黒いのが見える前で追い込んでから、上をnanoサイズに合わせてカットすべし。
 
 
ということで、次回は、設定と通信速度テストをお送りします。
 
 




1 個のコメント

  • 成功例の写真も動画も電波入って成功って言ってるけど、なんでどれも電波弱いん?