Apple Watchの「Force Touch」「Taptic Engine」が次期iPhoneにも?

AppleInsiderさんによると、次期iPhone「iPhone 6s」には、Apple Watchに搭載されている技術「Force Touch」と「Taptic Engine」が搭載されるとのことです。
 
「Force Touch」
Apple Watchは指先でのタッチを認識するだけでなく、タッチの圧力までも感知します。これによって、ユーザーインターフェイスの新しい次元が開かれました。感圧タッチという機能が、柔軟なRetinaディスプレイの周りに配された小さな電極を使って、軽いタップと深く押す操作の違いを判別します。
 

flow_endframe.jpg

 


「Taptic Engine」
Apple Watchには、Taptic Engineと呼ばれるリニアアクチュエータが内蔵されていて、あなたの触覚に働きかけます。もっとわかりやすく言うと、あなたの手首を軽く叩きます。あなたがアラートや通知を受け取ったり、デジタルクラウンを回す、ディスプレイを押すといった操作をすると、操作の種類ごとに区別できる触覚的な刺激を感じます。Taptic Engineは、あなたの知覚とより深く関わりながら、特別に設計されたスピーカードライバから発せられる微細な音の合図を使い、控えめで洗練された、感覚的な体験を生み出します。さらに、Apple Watchを身につけているほかの人たちとは、まったく新しい親密な方法でコミュニケーションをとることができるようになります。例えば、Apple Watchを軽くタップするだけで誰かの注意をひくことができます。あなたの心臓の鼓動といった、かなり個人的なことさえ伝えられます。
 
「iPhone 6s」という名前からすると、今回も、デザインはそのままでこれらの新しい技術が搭載されるということでしょうか。
Apple Watchで実現していていも、より大きなサイズのiPhoneに、これらを実装するということは、簡単ではないかもしれませんが、ぜひ実現して欲しいですね。