iPhoneに「Force Touch」ってどうなんだろう?

いろいろと噂の出てきている次期iPhone。
漏れ聞こえてくる噂からは、例年通り、今年はデザイン変更なしの「s」となりそう。となると、デザイン以外で、何が目玉になるのか、気になるところです。
 
その目玉となりそうなのが、「Force Touch」という噂があります。
 

スクリーンショット 2015-08-01 21.54.24.png

 
「Force Touch」と言えば、Apple WatchとMacBookシリーズで採用されている機能ですが、iPhoneではどうなんでしょうか?
 
 
 


「Force Touch」は、通常のタッチと異なる、強めのタッチを検出し、通常のタッチとは違う反応を返します。
また、Taptic Engineによる「触覚フィードバック」も重要な要素となっています。
 
iPhoneに「Force Touch」が採用されるとなると、「触覚フィードバック」が必須だと思われます。
Apple Watchの場合は、Taptic Engineと呼ばれるリニアアクチュエータで、本体全体を振動させ、タッチした指、あるいは、Apple Watchを巻いた腕に「触覚フィードバック」を与えます。
MacBookも、トラックパッドの下にTaptic Engineを内蔵しており、押し込んだ指に「触覚フィードバック」を返します。
 
Apple Watchと比べると、大きなiPhoneで、Taptic Engineを搭載するとなると、それなりに大きいTaptic Engineが必要になります。MacBookほどではないかもしれませんが、それほどのものを、載せるスペースがiPhoneにあるのかな?
簡易的には、現行のiPhoneにも、バイブレーション用のモータがあるので、それで代用できるのかもしれませんが、アップルがそんな中途半端なことをするとも思えませんし。
(iPhone用のTaptic Engineがあるなら、そろそろ流出しててもいいと思うのだが…)
 
 
もう1つ気になるのは、手のひらで、それなりに大きなiPhoneを強くタップするというのは、使いやすさ的にどうなんだろう、という点。
MacBookは、がっちりとしたユニボディが、机や膝の上で、強いタップを支えます。
Apple Watchは、ボディは小さいし、手首の上なので、タッブにも耐えるでしょう。
でも、iPhoneの場合は、特にiPhone 6 Plusサイズとものなれば、手から大きくはみ出している部分もあり、その隅の方を強くタップした場合に、安定性がどうなるのか不安が残ります。
 
 
なんて、イメージだけで書いちゃってますので、実際使ってみないとなんとも言えないというのが、本当のところ。
果たして「Force Touch」は載るのか、載らないのか。もし、載らないとなると、他に目玉があるのか? まだまだ謎の多い次期iPhoneです…。
 
 


整備済のiPad/iPadは、新しい外装&バッテリに交換済み!!
もちろん1年保証もついてる、お得な整備済み品を是非どうぞ。