「15秒充電で30分」は本当か!? 「Apple Pencil」でいろいろ試してみた。

Apple Pencilでいろいろ試してみるシリーズ。今回は「15秒充電で30分」は本当か!?
 

スクリーンショット 2015-11-19 23.24.48.png

 


アップルの説明によれば…

フル充電すれば、メモ書きも、スケッチも、注釈の記入も、編集も、たっぷり12時間続けられます。もしもApple Pencilを使っている途中でバッテリーが切れたら、iPad Proから15秒間充電してください。それだけで30分間使えるようになります。

とのこと。本当かな?
 
フル充電100%で12時間ということは、30分で約4%のバッテリ消費ということになります。
まず、これを検証ということで、30分間、ひたすら線を描き続けてみました。
 

IMG_8087.jpg

30分間でのバッテリの減りは、数字的にはわずか2%でした。
 
とりあえず、30分での消費電力は2〜3%ということにして、次は15秒間でどれだけ充電できるのか検証します。

ちょっともたついたので、実際15秒以上で充電してしまっていますが、電池残量は45%のまま変わりありませんでした。
これでは、30分もたないのでは?
 
では、どれだけ充電すれば、30分間分の充電ができるのか、やってみると…

20秒ちょっとで、45%から一気に48%にかわりました。
そのあとも充電し続けてみてわかったのですが、充電中の残量表示の更新は30秒に1回くらいのようで、この時は、ほぼ3%ごとに数値が更新されていました。
 
数十秒で確かに数%の充電が可能なのは確認できました。消費電力は条件にもよると思うので、15秒の充電で30分使用可能というのは、決して大げさな表現ではなさそうですね。
(アップルのサイトにも、条件として、「高速充電のテストでは、バッテリーを完全に消費したApple Pencilハードウェアを、フルに充電したiPad Proを使って15秒間充電しました。バッテリー駆動時間は各種設定、使用方法、その他の要素によって変わります。」と書いてありました。)
 
 
ちなみに、Apple Pencilは、iPad Proじゃなくても、iPad Airや、iPhoneでも充電は可能でした。しかし、充電のスピードは、iPad Proに比べると遅いようです。

IMG_8110.jpg

 
 
iPad Proレビューのまとめ
 
いやいやそんなにデカイわけ…本当にデカかった!! iPad Pro開封の儀!!!
もちろんカバーもデカかった。iPad ProのSmart Coverレビュー
タッチが軽い!! Apple Pencil 開封の儀&ファーストタッチ。
大きいことはいいことだ!? iPad Proの大画面インプレッション。
描くことって楽しいかも。Apple Pencilでお絵描きしてみた。
MacBookでやってたことはiPad Proでもできるのか? という記事をiPadで書いてみる。
「タイムラグは実質ゼロ」は本当か?「Apple Pencil」でいろいろ試してみた。
 
「iPad Pro」はMacBookを超える!? 先行レビューのまとめ。

 
 
iPad Proは量販店でも取り扱い開始中。各店、ポイントは1%のようです。アクセサリは5%。
 ビックカメラicon
 ヤマダ電機
 ヨドバシカメラ
 
 Apple Online Store

 
 
対応アクセサリも続々登場中。

 
 
「iPad Pro」関連製品を探す⇒Amazon楽天Yahoo!ショッピング