文鎮iPhoneも復旧。「エラー53」対策の「iOS 9.2.1」リリース

TechCrunchさんに、Appleがホームボタン取り換えで動かなくなったiPhoneにiOSアップデートを提供、エラーについて謝罪という記事が掲載されていました。
 
記事によると、Touch IDセンサーの交換によって、iPhoneが動作しなくなってしまう「エラー53」に対応した「iOS 9.2.1」アップデートをiTunes経由でリリースしたそうです。
 
 
 
 


このアップデートにより、すでに「エラー53」で動作しなくなってしまったiPhoneも、復旧できるそうです。
ただし、セキュリティ上の問題から、復旧してもTouch IDは使用できないそうです。
 
アップルは、「エラー53」問題について、謝罪声明も出しているそうです。

ご不便をおかけして申し訳ございません。これは、工場の出荷テストのために設計されたもので、カスタマーに影響を及ぼす意図はありませんでした。この問題で端末の修理に保険適用外の費用を支払った方は、AppleCareに補償についてご相談ください。

 
便利なTouch IDですが、信頼できるセキュリティであるがゆえに、修理は困難なんですね。
近くにApple Storeがない身としては、1日でもないと困るiPhoneの修理を、修理屋さんに頼むのも仕方がない気もしますが、なんとかならないんでしょうかね。
 
 

 




1 個のコメント

  • 生体認証するものを、ほいほい改造出来たら、何の意味も無いですからね。
    正式な修理店でないと駄目なのはしょうがないでしょう。
    ただし、正式な修理店も無く、アップルストアも無いような地区は修理のために郵送している間に
    加入しているキャリアのショップで代替機を貸し出せるような仕組みも必要だと思います。