次期「Apple Watch」は単体通信可能に!? アプリはネイティブ必須に。

WSJさんが、次期Apple Watchは、携帯ネットワーク接続でき、より高速なプロセッサーを搭載すると伝えています。
 

スクリーンショット 2016-04-26 23.01.59.png

 


現行のApple Watchは、iPhoneを介して携帯ネットワークに接続しており、iPhoneなしでは、通信ができません。
しかし、次期Apple Watchでは、単体で携帯ネットワークに接続できるよう、アップルが開発が進めているとのことです。
 
 
すでにアップルは、Apple Watch対応アプリについて、「2016年6月1日までに全てのApple Watch用アプリはネイティブ対応するように」と、開発者向けにアナウンスしているとのこと。
ネイティブアプリとは、iPhoneなしでも動作するアプリ。これも単体通信対応への布石かもしれませんね。
 
また、単体で通信となると「SIMも」必要ですが、アップルには「Apple SIM」がありますので、その機能を組み込むのも難しいことではなさそう。Apple SIMで実績のあるキャリアも対応は早そうですね。
 
残る心配は、バッテリの保ち…。
妄想ですが、Taptic Engineのリニアアクチュエータを使って、腕の動きで発電できたりしないのかなぁ。
 
 

 




1 個のコメント