Apple Watchを失くした!! その時の対処法。

いや〜、焦りました。昨日温泉宿で宴会&一泊だったのですが、帰ってきて気がつくとApple Watchがない!!
 
結局、ホテルに忘れただけのようで、私より後に帰った一緒に行った人が預かってくれていたのですが、それがわかるまでの数時間、見つける方法を調べたので、記事にしておきます。
 

スクリーンショット 2016-11-12 19.31.13.png

 


Apple Watchを探すには、「iPhoneを探す」アプリを使用します。
 

Unknown.jpeg

 
名前は「iPhoneを探す」ですが、このアプリは、iPadやMac、Apple Watchを探すこともできます。
 

7.png

アプリを起動すると、同じApple IDで使用しているデバイスが表示されます。
 
 

2.png

Apple Watchを選択すると、その詳細が表示されます。もし、Apple Watchがオンライン状態なら、地図に位置が表示されますが、残念ながらオフラインのようで、上の画像のような表示になりました。
 
Apple Watchは、iPhoneの様に携帯電話回線には直接つながらないので、Wi-FiかBluetoothがないと、位置はわかりません。
Bluetoothは、ペアリングしたiPhoneだけとしか通信できません。Wi-Fiの場合は、iPhoneを介さずに直接Wi-Fi接続できますが「iPhone が (Apple Watch に Bluetooth で接続された状態で) 以前に接続したことがあるネットワーク」だけにしか接続できないため(5GHz の Wi-Fi や、ログイン、サブスクリプション、プロファイルが必要なネットワークもNG。詳細)、外出先で紛失した場合などは、あまり役に立たないかもしれません。
 
 
ということで、望み薄ですが、一応「紛失モード」の設定しておきます。
 

4.png

先ほどの画面下中央の「紛失モード」をタップすると
・Apple Watchをロック
・Apple Watchにメッセージを表示する
ことができます。
 
 

1.png
 
5.png

表示する電話番号と、メッセージを設定します。
 
 

3.png

設定が完了しましたが、Apple Watchがオフラインの場合は、オンラインになるまで「保留」となります。
 
 
もう一つ「サウンドを再生」という機能もあります。(画面左下のアイコン)
Apple Watchから音を鳴らすことをできます。これも、Apple Watchがオンラインの場合で、オンラインになるまで「保留」です。
 
「紛失モード」と「サウンドを再生」は、保留になってしまうとキャンセルができなようです。
見つかったApple Watchは、月曜日に会社で受け取る予定なのですが、おそらくiPhoneを持った私がApple Watchに近づくと、Bluetooth圏内に入った時点で、音が鳴ってしまいます。(おそらくApple Watchの最大音量)
月曜日まで、Apple Watchの電池が残っていない可能性は高いですが、もし私の様な状況になったら、iPhoneのBluetoothはオフで、受け取った方がいいかもしれません。
 
 
ということで、Apple Watchを外出先などで紛失してしまうと、「iPhoneを探す」で見つけるのは難しいかもしれません。
繋がりそうなWi-Fiがなさそうなら、ペアリングしているiPhoneを持って、探し回るしかなさそうです。
オンラインにならないと遠隔ロックもできませんので、普段から、パスコードを設定しておくことをおすすめします。
 
 
おまけですが、今回の場合、宴会で酔ってしまって、いつApple Watchを外したのか、よく覚えていません。
そんな時は、ヘルスケアアプリの心拍数データを見るとわかります。
 

6.png

記録時間が表示されるので、いつまでApple Watchを着けていたかわかります。どこで、失くしたのかヒントになる場合もあるかもしれません。