iCloudカレンダーのスパム「出席依頼」は無視&この設定で対応!!

最近、純正の「カレンダー」アプリで、身に覚えのない「出席依頼」が届きます。
 

スクリーンショット 2016-11-30 23.02.33.png

こちらは、Macの「カレンダー」に届いたもの。
 
 


 
 

IMG_1035.PNG

iPhoneでは、こんな感じ。
 
 

IMG_1036.PNG

依頼に対して、何も反応してあげないと、ずっと表示が残っていて、うざい!!
 
中国人らしき名前と「Cyber Manday」って、書いてあるので、スパムなのは明らか。最近、iCloudの「出席依頼」を使ったスパムが増えているそうです。
 
一度表示されてしまうと、削除という操作はなく(ちょっと面倒な技を使えば消せる。詳しくはこちら)、「欠席」を押して、消すしかありません。しかし、「欠席」を押してしまうと、相手に、そのApple IDが使われていることがわかってしまうので、さらにスパムが増える可能性があります。
 
 
でも、毎回これが表示されるのもウザイので、表示させない方法があるそうです。
 
AppBankさん
参加依頼スパムをiPhoneのカレンダーに表示させない方法
 

スクリーンショット 2016-11-30 23.25.06.png

WebからiCloudにログインして設定するそうです。(こりゃなかなか見つからんわ。)
管理人も、早速設定しました。
 
これで、カレンダーには表示もされず、通知も来ません。(今後、表示させない設定なので、すでに表示されてしまったものには、効きません。)
代わりに、メールで通知が来ますが、これは無視します。
 
管理人の場合、普段から「出席依頼」の機能は使っていないので、仕分けルールを作って、このメールは迷惑フォルダに直行でも困りません。
 
 
ひどいスパムは、何年も先までスケジュールを入れられてしまうこともあるらしいので、早めに対策した方がいいかもしれませんね。
 




2 件のコメント

  • すでに届いてしまったスパムは捨てカレンダーを新規に作って、スパム依頼をそこに移動させてそのカレンダーを削除すればスッキリします。

  • クリックさん
    記事中の「ちょっと面倒な技」ですね。次回記事にしようと思っていたので、内緒で…。笑