iPhoneが早くも目標の「1%」をクリア!?

CNET Japnanさんに、携帯電話ユーザーの約1割、「iPhone」購入を希望–米調査という記事が掲載されていました。
 
記事によると、とある調査で、米国では10人に約1人の携帯電話ユーザーが「iPhone」の購入に「高い関心」を示していることが、明らかになったそうです。
 
さらに、この数を、米国市民数を母数に当てはめた場合、その数は概算で約1900万人になるそうです。
 
アップルは、iPhoneの目標として、全世界の携帯電話数10億台の1%=1000万台を獲りたいと言っていましたから、はやくもその2倍近くを手中に収めたってことかも!?
 
さらに、記事の中で興味深かったのは、「購入に高い関心を示した回答者の67%は、AT&T以外のキャリアの顧客だった。」ということ。
iPhoneは、キャリアを乗り換えさせるのに十分な魅力があるって事の証明ですね。この分だと、米国以外での各国のキャリアによるiPhone獲得競争も熾烈になりそうですね!!
 


 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。