レビューその4。恐る恐るiTunesと接続してみる

前回のレビューでは、ついに電源をONしましたが、まだiPhone内は空っぽな状態。
今回は、iTunesと接続して、データを転送してみたいと思います。
 
「非契約iPhone」ユーザーとしては、もしかしたら再アクティベートを求められるのでは?という心配があるので、iTunesとの接続はビクビクものですが、これをやらない事には、iPodとして使えないので、勇気をだしてやってみました。
 

DSCF3672.JPG  DSCF3673.JPG

Dockにケーブルを接続。(iPodのケーブルを流用) そして、ついにiPhoneを初接続です!!
 
002.pngiPodを接続した場合は、自動でiTunesが立ち上がりますが、iPhoneの場合は立ち上がりませんでした。
手動で立ち上げると、無事iPhoneが認識されました。
 
なんと電話番号も表示されています。前回報告した通り、このiPhoneはまだプリペイド契約が継続しているためでしょうね。
とりあえずアクティベートや、米国の社会保障番号の入力を求められことはなさそう。ほっ。

 

004.png 005.png

まずは、「ミュージック」のタブで転送する曲を設定します。
あらかじめ「for iPhone」というプレイリストを作成していましたので、これを同期するよう設定。
この辺りは、iPodでの設定となんら変わりませんね。
 
で、「適用」ボタンを押した所で、こんなメッセージが出てきてドキッ!! アクティベートでも求められたかと思いあせりました。
おそらく、ヤクオク出品者がアクティベーション時に一度接続しているので、このようなメッセージがでるんでしょう。
ここは、「消去と同期」を選んでと…、するとまたメッセージ(右)が!! なんてことないことですが、ついドキッとしてしまう私。いちいち心臓に悪いなぁ…。
 

008.png 009.png

次は、写真の設定。
iPhotoでiPhoneに転送するアルバムを作ります。iPhotoを起動すると、iPhoneがデバイスとして認識されています。
なるほど、iPhotoで撮影した写真は、ここからiPhotoに持ってこれるんですね。
 

010.png 011.png

で、iPhotoで作成したアルバム「for iPhone」をiTunesで選択して同期。
すると、「写真をiPhone用に最適化」という処理になります。iPodの場合は、この処理はおなじみですが、iPhotoの場合は例の2フィンガー操作で拡大できるので、そのまま写真が保存されると思ったのですが。一覧表示用のサルネイムを作っているのかな?
 

012.png DSCF3678.JPG

続いて、Podcastを設定。これはiPodと全く同じですね。(お笑い系ばっかりですいません。)
ちなみに、データの転送中のiPhoneの表示はこんな感じ。電池のグラフィックが美しい。
 

013.png 014.png

最後はiPodにはない「情報」タブを設定。アドレスデータ、カレンダー、Mailのアカウント、SarariのブックマークなどをiPhoneと同期するか設定します。
 

015.png

あと、ちょっとビデオも転送して、以上で設定完了。
私のiPhoneのデータ構成はこの様になりました。
 
iPhone上で転送したデータをチェック。

DSCF3730.JPG DSCF3731.JPG

iPodのデータは、一部アルバムアートがあるはずなのに、表示されていないものがありました。(Cover Flowで空白が表示されるのは寂しいので、わざわざアルバムアートがある曲だけを転送したのですが…)
また、これは仕様かもしれませんが、Cover FlowにPodcastも表示されてしまします。
Photoデータは問題無し。ただし、前述の通り、iPhone用に画像が変換されているようで、2フィンガーで拡大しても、元画像ほどは拡大できないようです。
 

DSCF3732.JPG DSCF3733.JPG

SafariのブックマークはOK。
アドレスデータは、米国仕様の為か「名前」「名字」の順で表示されてしまいます。
 
 
とりあえず、大きな問題なく、iTunesとの同期を終了。
一番恐れていたアクティベート関係のトラブルもなく、とりあえず、iTunesのバージョンアップをしなければ、このまま使い続けられそうで、一安心です。
 

MacBook



7 件のコメント

  • billyです。おはようございます。
     
    しゅん爺さん、無事iTunesとの同期おめでとうございます。
     
    このiPhoneは、「iPod」より機能が多い証拠がこの時点でみられますよね。(Wi-Fi接続機能がやはりGood!)
     
    私も2週間の休暇を昨日で終了し、今日から仕事です。
    地下鉄で「ビデオ取りした朝のNHKニュース」や「Internet閲覧」を見ながら、通勤します。
     
    ではまた。

  • bilyさん、はじめまして。
    お聞きしたいことがあるのですが、
    テレビ番組をIphoneに取り入れる際に、どんなソフトをお使いなのでしょうか?
    動画をエンコードするソフトが色々と出ているようですが、
    どれにするのかを決めかねています・・
    お教えいただければ、嬉しく思います。
    また、他の皆様のご意見なども参考にできれば幸いです。
    宜しくお願いいたします。

  • billyさん
    iPhone使いこなしてますね!!
    私は自転車通勤なので、まだ人前でiPhone使った事ないんですが、地下鉄での周りの反応どうですか?
     
    lluvさん
    iPhoneに転送するのは、まずiTunesで登録が必要ですが、それならこれなんかどうでしょう。
    http://ipodnano.seesaa.net/article/19740110.html
    テレビから、簡単にiTunesに登録できますよ。
     
    あと、もしかしたら、これもiPhoneで使えるかも?(誰か試して~!! あっ、でもUnversal Dockが必要ですね。)
    http://ipodnano.seesaa.net/article/21557115.html
    (ちょうどお名前にもピッタリ!?)

  • 動画の変換だけなら、iTunesでもできますよ。(フォーマットは限られますが)
    変換したいビデオファイルを選んで、メニューの「詳細」→「選択項目をiPod用に変換」(iPhoneの場合、Apple TV用でもいいのかな?)

  • こんばんは、billyです。
     
    返答が遅れて申し訳ございません。
    (先ほど帰宅、飲み過ぎ・・・)
     
    luvさんへ
    参考になるかどうかわかりませんが、私の現在の環境は、
    *TVチューナー&ビデオキャプチャー:GV-1394TV/M2(IOデータ社)
    *iPhone出力:QT-Pro
    です。
     
    GV-1394TV/M2で、タイマー録画すると、接続のMacにQTフォーマットに出力されるので、これをQT-ProにてiPhone出力します。(m4vにて圧縮のため)
     
    ハード整備が必要かもしれませんが、効率的と思います。
    ご参考に。
     
    しゅん爺さんへ
    本日、はじめて地下鉄でいじっていたのですが、早速2人がじろじろ眺めていました。
    そのうち1人(大学生?)が話しかけてきました。
    「それっ、iPhoneですか?」(学生)
    「よく知ってるね」(わたし)
    「yahooで購入したのですか?」(学生)
    「いやっ、旅行中に自分で購入したよ」(私)
    ・・・・
     
    と数分お話をしました。
    やはり結構認知されているようで、反響はすごいものです。
    (じっくりNHKニュースを見たかったのに・・・)
     
    明日の出勤はどうなるでしょうか?

  • billyさんをはじめ、皆さん、ご教授有り難うございました!!
    動画に変換できるとは知っていましたが、このように様々な方法があるとは知りませんでした・・。勉強になります。自宅以外ではなかなかインターネットを使う環境が整っていない中、当面、iphoneでは動画・音楽機能を多用することになりそうです。是非参考にさせていただきます!!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。