iPhoneのWi-Fi機能を日本で堂々と使う!!

IT proさんに、電波暗室の中で「iPhone」の無線LAN機能を使ってみたという記事が掲載されていました。
 
iPhoneのWi-Fi(無線LAN)機能を日本で使用すると電波法違反になる、という問題を回避するため、電波を外に漏らさない「電波暗室」の中で、iPhoneのWi-Fiを使ってみるという記事。
 
denpaannshitsu.jpg電波暗室というと、大規模な建物なのかと思いきや、この記事で使用しているのは、簡易電波暗室というもので、テントみたいなもの。それでも、中に入ると携帯電話は圏外となるそうな。
 
このテントの中にWi-Fiのアクセスポイントを設置して、これにiPhoneを接続。(ああ、めんどくせ~)
このテントの中で、Googl eMapやSafari、YouTubeの機能をチェクされています。
(法律的には堂々だけど、これじゃとても、堂々という感じじゃないですね…)

 
記事では、電波法関する総務省関東通信総合局の見解も書かれており、「国内でiPhoneの無線機能を使った場合,電波法に抵触する可能性は否めない」とのこと。はっきりしませんね~。
読者のあやつきさんも、総務省に確認とってくれましたが、同じような歯切れの悪い回答だったそうです。
 
この問題、いつか決着つくのかな? はやくおてんと様の下で、堂々とiPhoneが使いたい!!
 

Apple Store(Japan)


 




3 件のコメント

  • これを違法とすると海外でしか売られていない無線機器(外国人が持ち込んだ海外の通信機とかも)全部違法になっちゃうんじゃ・・・

  • 上の通りすがりさんのおっしゃる通りですね。総務省もiPhoneがどういう仕様なのか理解できていないから、違法となる可能性があると述べたに過ぎないだけでしょう。単に受信する機器ですからね、、、それほど問題になるとも。(送信する側の出力だとか使用していいチャネル=周波数の問題は確かにあるので、海外仕様のAirPortと日本のAirMacとではたしか、チャネルの設定に違いが有ったはず。でも、これは送信側の問題。)まさか、電波暗室までやるとは。。。

  • とおりすがりさん iPhonerさん
    全くね~、総務省は何やってんだか?日本国内だけみれてばいいってもんじゃなですよね。
    iPhoneは、受信も送信もしてるんじゃないかな?
     
     

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。