6.1インチiPhoneの最新予測。フルアクティブLCD採用か?

MacRumorsさんが、KGI証券アナリストのMing-Chi Kuo氏による、2018年の新iPhoneに関する予測について掲載しています。


記事によると、2018年に発売が噂されている3モデルのうち、6.1インチの液晶ディスプレイモデルについて…

  • ジャパンディスプレイのフルアクティブLCDを搭載
  • ホームボタン非搭載
  • 3Dタッチ非搭載
  • 画面上部のノッチにTrueDepthカメラ搭載
  • バッテリ容量2,850-2,950mAh
  • 3GBのRAM
  • 価格は米国で700ドルから800ドル

などの予想をされています。

フルアクティブLCDは、4辺すべて超薄型の0.5mmベゼルが可能なディスプレイ。
次期iPhone Xと、iPhone X Plusは、有機ELを引き続き採用するようですが、どのような棲み分けになるんでしょうね。

有機ELは綺麗ですが、視野角を変えると色味がすぐに変わってしまう印象のなのですが、フルアクティブはどうなのかな? 価格帯的には、6.1インチモデルは、廉価版なイメージなので、Appleとしてはフルアクティブが有機ELよりも劣るという扱いなんでしょうけど。

6.1インチモデルの全体的なスペックを見ると、ディスプレイとRAM容量、3D TouchくらいしかiPhone Xとの差はないですね。カメラのスペックで差がついてくるかもしれませんが、価格が安いなら、かなり売れ筋モデルになるかもしれませんね。(なぜ3D Touchをなくしたのかは、すごく謎…)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。