売れっ子の宿命!? iPhoneを標的にしたトロイの木馬が登場。

INTERNET Watchさんに、iPhoneを狙った初のトロイの木馬、Symantecが警告という記事が掲載されていました。
 
記事によると

「iPhone firmware 1.1.3 prep」という名称のパッケージが出回っており、「新しいファームウェアのインストール前に適用が必要な重要なシステムアップデート」といった偽の説明でユーザーにインストールを促すという。
このパッケージは、インストールしてもiPhoneにはあまり大きな影響は無いが、パッケージをアンインストールしようとすると、コマンドラインユーティリティやOpenSSHなどいくつかのアプリケーションが同時に消去されてしまうという挙動を示すとしている。

とのことです。
 
大きな被害には、至らない様ですが、ついにiPhoneもこういった悪意の標的になっちゃったんですね。
今後、iPhone用ネイティブアプリの仕様が公開され、盛んにアプリが登場するにようになったら、もっと大変になるかも。
iTunes経由でしかインストールできないとか、予防措置がとられるのかもしれませんね。
 

Apple Store(Japan)

 


 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。