デュアルSIMやゴールドモデルも登場!? 2018年のiPhone、3モデルについて。

Bloombergさんが、2018年のiPhone新モデルについて、伝えています。


記事によると、2018年のiPhoneは、現在のiPhone Xと同じサイズのアップグレードモデル、サイズアップされたモデル、iPhone Xのの主な機能を備えたより安価なモデルの3つをリリースする準備が進められているとのことです。


iPhone Xの大型化モデルは、「D33」というコードネームで、サイズはiPhone 8 Plusとほぼ同じサイズながら、画面サイズは約1インチ大きくなるのこと。
さらに、デュアルSIMも検討されているそうです。

iPhone Xのアップグレードモデルは、コードネーム「D32」。より高価な有機ELを搭載するそうです。
上位2モデルは、A12チップを搭載し、ゴールドモデルも検討されているとのことです。

また、安価なモデルには、iPhone Xと同様に、Face IDが搭載でベゼルレスなるそうです。


ほぼこれまでの噂の通りの情報ですが、やはりTouch IDは完全になくなるのでしょうか。
冬はほとんどマスクしている管理人は、パスコード入力が当たり前になってきていて、何の為にXを買ったんだか…。
Face IDは、搭載してもいいんだけど、ディスプレイ内蔵Touch IDを切望!!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。