Apple、 2018年第1四半期の業績を発表。iPhone台数微減も過去最高の売上に

Appleが、2018年度第1四半期(2017年10〜12月)の業績結果を発表しています。

主な数値をまとめますと

売上高:882億9,300万ドル(前年同期比:13%増、過去最高)
純利益:200億6,500万ドル(前年同期比:12%増、過去最高)

iPhone

販売台数:7,731万6,000台(前年同期比:1%減)
売上金額:615億7,600万ドル(前年同期比:13%増)

iPad

販売台数:1,317万台(前年同期比:1%増)
売上金額:58億6,200万ドル(前年同期比:6%増)

Mac

販売台数:511万2,000台(前年同期比:5%減)
売上金額:68億9,500万ドル(前年同期比:5%減)

サービス

(デジタルコンテンツおよびサービス、AppleCare、Apple Pay、ライセンス、その他サービス)
売上金額:84億7,100万ドル(前年同期比:18%増)

その他の製品

(Apple TV、Apple Watch、Beats製品、iPod、Appleおよびサードパーティ製アクセサリ)
売上金額:54億8,900万ドル(前年同期比:36%増)



iPhoneの台数は、微減ながら売上は増。iPhone XやiPhone 8 Plusなどのハイエンドモデルの売れ行きが寄与したようです。

Macは減ですが、Apple Payなどのサービスや、Apple Watchなどのその他商品が、大幅に増加し、過去最高の売上を支えています。

まだまだiPhoneへの依存度の高いAppleですが、サービスなどの成長も大きいですね。ただそれらも、iPhoneが入り口になっていますが。強いiPhoneが強いAppleを作るという構図は当分崩れることはないのかも。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。