アップルやFoxconnが共同出資で東芝を買収? iPhoneが安くなるかも…

かみあぷさんに、東芝がAppleの子会社に!?Apple、Foxconnなどとの共同入札を発表という記事が掲載されています。

記事によりますと、経営危機に陥っている東芝が、半導体事業を「東芝メモリ」という別会社に分社化・出資を募り経営破綻を回避しようとしているとのこと。

その出資に、アップルと、iPhoneなどの製造を請け負っているFoxconn、そして「A9」などを製造しているTSMCが、共同で出資することに合意したそうです。

出資割合によっては、事実上の会社の売り渡しになり、東芝メモリがほぼアップルの手中に収まる可能性もあるそうで、もし実現すれば、フラッシュメモリーがより優位な価格で調達でき、iPhoneの価格にも影響するかもしれません。(安くならずに、アップルの利益が増えるだけかも…)

ただし、出資に前向きな企業は他にもあるようで、アップルの出資が実現するかはまだわからないようです。

アップルと東芝といえば、アップル復活の原動力となった「iPod」の超小型HDDは、東芝が開発したものでした。
それから、16年くらい経っていますが、今また東芝が、アップル製品の記憶装置を作ることになるのでしょうか…。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。