アップルが環境への取組を楽しく紹介するアニメ4本を公開。

アップルが、「Earth Day 2017」に合わせて、環境への取組を紹介する、4本のアニメーションを公開しています。

日本語版と英語版があります。

まずは、日本語版。

「ヤクを育てるソーラーファーム?」

Appleで環境のための取り組みをリードするLisa Jacksonが、中国にあるAppleのソーラーファームを紹介します。この40メガワットのソーラーファームは、中国にあるすべてのAppleのオフィスやストアの電力を十分にまかないながら、ヤクが食べる牧草も育てています。



「なぜAppleは自ら汗を開発したのか?」

Appleは1年に約100リットルの汗を作り、あなたが安全に製品を身につけられることを確認しています。その取り組みについて、Appleの毒性研究エキスパートであるRob GuzzoとArt Fongが存分に語ります。



「Appleは廃棄物をゼロにできるか?」

中国にあるAppleの14の最終組み立て施設のうち、廃棄物を埋立地に送る施設は一つもありません。つまりゼロです。すべてはiPhoneの製品オペレーションを担当するJohn Reynoldsが、中国のグアンランにある工場を訪れた時に始まりました。



「ビルは呼吸ができる?」

Appleの不動産担当副社長であるDan Whisenhuntが、Apple Parkのクールな仕組みを紹介します。Apple Parkは外気を使って自然に建物を冷却します。これにより、キャンパスの冷房負荷を1年間で35パーセント減らすことができます。





続いて、英語版。


「Can a building breathe?」




「Why does Apple make its own sweat?」




「Do solar farms feed yaks?」




「Can we produce zero waste? 」




独特な画風のアニメーション4本。
動きがウゴウゴルーガや、鷹の爪っぽいような..、

見た目はコミカルですが、やってることは真面目です。
アップルの環境への取り組みを、楽しく知ることができますので、ぜひどうぞ。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。