パッケージも完全に生まれ変わった「Apple Watch Series 4」開封の儀。

買っちゃいました「Apple Watch Series」。

10月5日発売の「Nike+」のシルバーアルミを予約していたんですが、先日公開された先行レビューに登場していた、スペースグレイが気に入ってしまい、急遽変更。
Nike+はキャンセルして、スペースグレイを注文しました。

ということで、初代以来、3年半ぶりのApple Watch購入。
初めてフルモデルチェンジした「Apple Watch Series 4」開封の儀をお届けします。



パッケージのぱっと見は、初代と変わってない気がするが…

裏面を見ると謎のデザイン。どうやって開封するんだろう?

まず、ペロペロとめくり…

よくわからんけど、この辺りを持ち上げるのかな?

なるほど、こんな感じか。裏から開けるって、珍しいですね。

カステラとか入ってそうな構造。



Apple Watchの箱、バンドの箱が別々になっています。
Appleとしても、この方が楽そうですね。

箱に描かれたApple Watchは、立体的な加工がされています。

大きな箱ですが、Apple Watchは、ちょこんと左隅に。
右の長細いのは、ドキュメント。



ドキュメントは2枚。簡単な操作ガイドなど。



ドキュメントの下には、充電ケーブルと電源アダプタ。充電ケーブルは1mです。



なんだかモフモフしたApple Watch。
クリーニングクロスを兼ねたケースに収まっています。



裏面には「40mm」の文字。



GPSモデルなので、デジタルクラインには、黒いライン。



大きく、丸っこくなったボディ。
スペースグレイのアルミです。



デジタルクラウンは回すとクリック感が…、あれ、ない。
そうか、Taptic Engineで表現されるってことか。



裏面は、クリスタル部分が拡大。前面も背面も黒い部分が多く、全体との統一感が感じられそうな、スペースグレイのケースにしました。
質感いいですねー。



左側面には、大きくなったスピーカー。



背面の文字は、刻印されている(彫り込まれている)ので、消えたりすることはなさそう。

駆け足ですが、開封の儀でした。

フルモデルチェンジのApple Watchに合わせて、パッケージも変わりましたね。面白いパッケージ構造で、楽しく開封できました。こういう配慮も嬉しいですね。Appleとしても合理的だし。(バンドがついて、すぐ使える状態になってるのも良かったけど)



購入、予約について

Apple Watchもお店によっては在庫あります。

ヤマダウェブコムさんに、「Apple Watch Series 4」の発売初日分がまだあります。「 Apple Watch Series 4」40mm「Apple Watch Series 4」44mmApple Online Storeでは、早々に発売日分がなくなったSeries 4ですが...


ヨドバシカメラさんも、ネットは売り切れですが、店舗在庫があるモデルもあります。ただし、44mmのみで、40mmの店舗在庫はないようです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。