新社屋「App|e Park」の秘密が公開。ドーナツ型の建物は1年で1回転!!

App|eが、新社屋「App|e Park」について、新たな情報を発表しています。

今月から、入居が始まるApp|eの新社屋。
発表によると、ドーナツ型の社屋の基礎部分には、特殊な駆動装置が設置されており、建物自体を回転させることができるそうです。

回転の速度は、1年間で1回転。
4月から本格的な試運転が開始され、入居が完了する9月までは、あっちに回したり、こっちに回したり、速度を上げての回転もされるそうです。
巨大な社屋の回転には、大きな動力が必要ですが、これにも再生可能エネルギーが利用されているそうです。

このような仕様になったのは、社員が毎日違う風景を楽しめるようになり、よりクリエイティブな仕事につなげて欲しい、という狙いがあるそうです。



ちょっと工事が長いなぁと思っていたら、こんな秘密があったんですね。
それにしても、あの巨大な社屋を回転せるとは大胆。世界最大の可動式建造物として、ギネスにも登録されるとか、されないとか…。
タイムラプスで撮影する人とかも出てきそうですね。

と、いうことで、今年のエイプリルフールネタでした。
旬なApple Parkの話題にしてみました。




2 件のコメント

  • いつも楽しく拝見しています。
    この記事見て、朝から驚愕!!!
    マジ、信じましたよ。(笑)
    多分、エイプリル・フールねたですよね?
    最高です!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。