次期モデルの予測も。2018年のiPhone生産についての詳細レポート

日経XTECHさんに、iPhone 9の生産はいつから?動向を見通すという記事が掲載されています。(有料記事ですが、一部無料で閲覧可能。)

記事では、2018年のiPhoneの生産台数について、今年発表のモデルも含めて予想した、みずほ証券のレポートを紹介しています。


2018年第2四半期の生産台数

記事によると、2018年第2四半期は、4300万台のiPhoneが生産されたとのこと。
内訳は、

  • iPhone X:900万台
  • iPhone 8:1000万台
  • iPhone 8 Plus:800万台
  • iPhone 6/6s/7:1000万台
  • iPhone 6s Plus/7 Plus:400万台
  • iPhone SE:200万台

まだまだ旧モデルも生産されているようです。


第3四半期の新製品も生産

第3四半期は、噂の次期iPhone、3モデルの生産も開始。

  • 有機ELディスプレイ5.8インチ:700万台
  • 有機ELディスプレイ6.5インチ:900万台
  • 液晶ディスプレイ6インチ:400万台

液晶モデルがやや遅れており、このモデルのみ発売が10月にずれ込む可能性もあるようです。
また「開発期間が1年あまりとiPhoneとしては異常に短い」とのことで、液晶モデルは、当初は計画になかった?モデルだったのかもしれません。


新iPhone発売後は…

新iPhoneが9月に発売されたあとは、iPhone Xについては販売停止されますが、iPhone 8やiPhone 8 Plusはそれぞれ100米ドル値下げとの予想。

また、長らく噂されている、iPhone SEの後継機は、想定していないとのことです。このサイズのモデルは無くなっちゃうのかな?



さすがに、関連企業や市場に大きな影響を与えるiPhoneだけあって、証券会社はここまで詳しく調べて、予想しているんですね。

ここまでは、無料閲覧の記事。有料の部分には「有機EL品は想定上回る価格設定の可能性も」という見出しがついていいました。気になる…。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。