背面にTouch ID、デュアルカメラを搭載か!? 「iPhone SE2」用のケースや保護フィルムがAmazonに登場。

Amazon.co.jpさんに、次期iPhone SE、「iPhone SE2」用のケースや保護フィルムが販売開始されています。

ELTD iPhone se2/iPhone se 2 ケース iPhone se2 カバー プレミアムレザー 化粧鏡 ミラー 付き 可愛い手帳型ケース 財布/カードスロット&スタンド機能 横置き

Nimaso iPhone SE 2 用 強化ガラス液晶保護フィルム 全面保護/3D Touch対応/硬度9H/高透過率


この他にも、iPhone SE2で検索すると、いくつか販売されています。ただし、画像は、iPhone Xや、現行のiPhone SEのものを流用したものもあります。

ノッチはあるが、小さすぎる

保護フィルムを見ると、ノッチがあります。

Face IDの搭載を連想させますが、以前も書いた通り、このノッチでは、Face ID用のセンサ群、スピーカーなどを搭載するには、小さすぎると思われます。


背面にTouch IDを搭載か?

では、認証機能はどうするのか? 注目したいのが、こちらのケースの画像背面の通常ならAppleロゴがあるあたりが空いており、Touch IDのセンサーらしきものがあるようです。

こちらのケースも同様。

前面には、スピーカーやFaceTimeカメラ、環境光センサーのみの、最小のノッチとし、背面にTouch IDを搭載している可能性がありそうです。

ディスプレイの中に、指紋認証を埋め込むという製品もあるようですが、Appleは採用せず、背面への搭載となったのでしょうか?
だとすると、Appleロゴがどうなるのか?…という疑問は残りますが。(ロゴ入りTouch IDセンサになる?)


デュアルカメラ搭載

また、上記画像からは、デュアルカメラが搭載されていることもわかります。

iPhone Xと同じ、縦並びですが、iPhone Xでは、カメラとカメラの間にフラッシュが搭載されているのに対して、こちらはカメラの下にフラッシュとなっています。iPhone 8 Plusの並びに似ています。

iPhone 8 Plus

iPhone X

デュアルカメラは、Appleが力を入れているARにも活用できそうなので、今後はスタンダードなスペックとなるのかもしれませんね。



商品によって、描かれているiPhoneに微妙に違いがあり、ケースメーカは、ケースに必要な寸法だけを入手しており、そこから予想して画像を作成しているのかもしれません。

ですので、まだまだ確実なことは言えませんが、ノッチのサイズが正しいなら、Face IDの搭載は難しいと思います。


ケースやフィルムの出荷時期は、一部即納もありますが、6月8日から15日ごろになっているものが多いようです。
iPhone SE2の発売は6月15日という流出もあります、この線は、かなり濃厚になってきたように思います。
ということは、やはりWWDC2018での発表となるのでしょうか。

WWDC2018 基調講演は、日本時間6月5日午前2時から。このブログでも、生で追っかける予定です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。