速く・重く・厚く・安くなった新「iPad」登場。(iPad Air 2比)

アップルが、新「iPad」を発表しています。


「iPad Pro」でも「iPad Air」でもない、新「iPad」は、ざっくりいうと「iPad Pro」の廉価版という意味で「iPad」という名前になっているようなスペックです。

「iPad Air 2」と同じ重さ、同じ厚さだった「iPad Pro」の9.7インチの登場で「Air」の存在意義は、薄れていたと思います。
そこで、「Air」を終了して、代わりに登場したのが、ややスペックを落として、値下げした新「iPad」のようです。



スペックとしては(iPad Air 2との比較)

「速い」:A8X → A9
「重い」:437 → 469g(Wi-Fiモデル)
     444 → 478 g(Wi-Fi + Cellularモデル)
「厚い」:6.1 → 7.5 mm
「安い」:42,800 → 37,800円(32GB Wi-Fiモデル)

ボディサイズと重さは、初代iPad Airと同じ。
カメラやTouch IDは、Air2。
そこに、A9を載せつつ、値下げした。
という感じです。



iPad Air 2は無くなりましたので、9.7インチモデルは、「Pro」か「無印」か、の2択に。
価格差はこのようになりました。

 iPad Pro(9.7-inch) iPad (9.7-inch)
Wi-Fi 32GB62,800円37,800円
Wi-Fi 128GB72,800円48,800円
Wi-Fi 256GB82,800円-
Wi-Fi + Cellular 32GB76,800円52,800円
Wi-Fi + Cellular 128GB86,800円63,800円
Wi-Fi + Cellular 256GB96,800円-

2万5000円くらいの差ですね。

用途次第ですが、うちではまだまだ初代Airが現役なので(ほぼnasne専用機みたいになってますが…)、Apple Pencilや4スピーカーまでのこだわりが不要であれば、新「iPad」でも全然いいと思います。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。