久々の衝撃!!「AR MeasureKit」で測ってみた。これがARKitの力なのか…

iOS 11にアップデートして、普段の使い勝手がいろいろ便利になったり、あの機能どこいった?など、戸惑ったりしつつ使っていますが、まだ試せて無いのがありました。「ARKit」です。

WWDC2017でお披露目された、iOSアプリのARフレームワーク「ARKit」。
デモのビデオはいろいろ見ましたが、まだ自分のiPhoneでの体験がまだでした。

まず、試してみたのが、デモでも気になっていた、長さを測る系のアプリ。いろいろありますが、こちらを使ってみました。

AR MeasureKit

早速iOS 11の「画面収録」機能で、使っている様子をビデオにしてみました。

画面の中心を、測定したいポイントの始点に合わせてタップ。さらに終点でタップすれば、その長さが表示されます。
表示は、本当にテーブルの上に書かれているかのように、画面を動かしても、画面からフレームアウトしても、画面を戻せば、その位置に書かれていました。

その精度も、完璧ではありませんが、ちょっと家具の置き場所とかを検討するくらいなら十分使えそうです。
今回は、iPhone 7ですが、カメラが2つあるPlusとかなら、もっと精度いいのかも。

AR MeasureKitは、他にも角度や身長を測る機能もあります。まだまだARの黎明期なので、これからいいアプリが出てくるかもしれませんが、とりあえず入れておきたいアプリです。


久々にアプリでの衝撃でした。凄いですAR。なんでカメラだけでこんなことができるか、全く理解不能ですが..。

まだまだ凄いアプリもありそうですね。




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。