iPad Pro 10.5インチ VS Air 9.7インチ サイズ比較。電子書籍編

記事にはできてませんが、使ってますよ、iPad Pro 10.5インチ。

でも、いつの間にか、このサイズが当たり前になり、9.7インチとの差がわからくなってきた…。

と、いうことで、サイズの違いを再認識すべく、今回は電子書籍で比べてみました。

まずは、雑誌。


最近、Kindle Unlimitedを復活させたので、そこから、キャンプ雑誌「ガルヴィ」(サイズは、A4判変型)で比較。
左が、紙の雑誌、中央が10.5インチ、右が9.7インチです。

10.5インチでも大きいことは大きいけど、さすがに拡大なしでは厳しいですね。


余談ですが、大きい画面だと尚更思うのですが、電子雑誌ってもうちょっと文字のまわりの鮮明さを考えて欲しい。いかにも画像データ圧縮しました的なノイズが気になります。

ちなみに、12.9インチのiPad Proでは….

「iPad Pro」で電子版「Mac Fan」の「iPad Pro特集」を読んでみる。

2015.12.02
IMG_8276.jpg

さすが、12.9インチはかなり雑誌に近いサイズでした。(ちなみに、MacFanは、ガルヴィより若干小さい)



続いては、管理人がよく利用する、コミックで比較。

この比較だと、結構大きく見えますね。
10.5インチは「True Tone」で色が優しく、読みやすくなっているのも、よく分かります。

紙の本と10.5インチの横見開き表示を比べると…
かなり近い。実際、見開きで拡大なしでも、十分読みやすいです。

ざっくりですが、横見開きだと、10.5インチはほぼコミックサイズ、9.7インチは文庫本サイズという感じですね。



改めて、画面の広さを確認できました。
そして「True Tone」も、実は目への優しさに、かなり貢献してるかも。読書用途だと、結構重要なポイントですね。

Kindle Unlimitedも再開したので、電子書籍を読む機会も増えそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。