来年度、iPhoneは3億5,000万台売れる!? 中国を中心に買替需要あり?

9to5Macさんによりますと、2018年10月から来年度に、最高で3億5,000万台のiPhoneを販売する可能性があるとのことです。

調査会社GBH Insightsの発表によると、iPhone XとiPhone 8/Plusをスルーしたユーザーが多くいることから、今後12〜18ヶ月の需要が、最大で3億5,000万台になると予想しているそうです。
特に、中国市場での伸びが期待されているようです。

直近の1年間(2017年Q3から2018年Q2)のiPhoneの販売台数は2億ちょっとなので、もし3.5億となると、その1.5倍以上。18ヶ月での台数だとしても、かなりいい数字です。


確かに、iPhone Xは、高くて、iPhone 8は進化が小さかったということで、スルーした人が多かったかもしれません。それが、来年度に効いてくる可能性はありそうです。
ただ、その次の年も考えると、単価の上がったiPhoneを3年、4年と使う人も増えるような気もします…。

今後のiPhoneが、どう進化するのかがカギになりそうですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。