「iPhone 8」の量産は10月以降に? 年内に間に合っても品薄必至か

KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏によりますと、「iPhone 8」の量産開始は10〜11月になるとのことです。

例年、9月に新型iPhoneが発売される場合は、8月頃後から量産が開始されているようですが、今回は、先進的なパーツもあることから、確保が遅れ、量産開始が10〜11月になるとことです。



10周年モデルにふさわしく、狭額縁の有機ELディスプレイや3Dセンサー、ディスプレイ内に搭載されるTouch IDなど、噂では様々な新機能が噂されている「iPhone 8」。
部品の調達が難しくなるのもうなずけます。さらには、製造も難しく、歩留まりも悪いかもしれません。
10月に量産が開始されて、10周年の年内に発売されても、品薄になる可能性は高そうですね。

(via 9To5Mac




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。