MacBook Proにダブルで挿さる!! 最強ドック「ALMIGHTY DOCK TB1」発表。

フォーカルポイントさんが、最新のMacBook Pro (Late 2016)のUSB Cコネクタを拡張することができるオールマイティなUSB ドック「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK TB1(チューンウェア オールマイティ ドック ティービー ワン)」を発表していました。

最強スペック

ALMIGHTY DOCK TB1は、MacBook Proを拡張するために必要なポートやスロットを搭載しています。iPhoneやUSB機器を接続するためのUSB Aコネクタを2ポート、デジタルカメラの撮影データなどを読み込むためのSDカードスロット、micro SDカードスロットをそれぞれ1つ、そして電源供給するためのUSB Cポートを1つ搭載しており、MacBookに必要な各種のアクセサリを接続することが出来ます。

USB-Cポートは、最大40Gbpsという超高速なデータ転送に対応し、5Kまでの超高精細な画像データでも、ストレスなく瞬く間に送受信することが可能。

最大87WのPDに対応。MacBook Pro 15インチの純正アダプタから充電が可能です。これにより、15インチでも13インチでも純正アダプタを使った完全な充電が可能です。

USB-C x2、USB-A x2、SD、micro SDで、5K出力も、USB PDにも対応と、欲しいものが、これ1つという感じ。最強ですね。

もちろんカラーも、MacBook Proにぴったりなアルミボディで2色が用意されています。

ダブルUSB接続

もう1つ特徴的なのが、MacBook Proの2つのUSB Cポートにダブルで挿さるところ。これがないと、高速転送やPD対応充電の秘密なのかな?

でも、これって2つのコネクタの距離がわずかでもずれていたら、ポートに負荷がかかってしまうはず。それが実現できたのは、MacBook Proの精巧な作りのおかげかも。
もちろん、この製品も精度よく作られているんでしょうね。

どっちにする?

フォーカルポイントさんは、先日もUSB C接続のドック「ALMIGHTY DOCK CM1」を発表されたばかり。
そちらは、USB A x2と、SD、micro SDカードリーダというスペックでした。

機能は絞られますが、ケーブル接続なので、どんな機種でも使えるというメリットはありますね。今回の TB1は、ポートの位置が変わってしまうと使えなくなるので、次のMacBook Proでも使えるという保証はないので…。

スペックで決めるか、汎用性で決めるか。あとは価格ですが、CM1は4,280円、TB1は未発表のようです。

発売は、3月の予定。2月下旬に受注開始予定となっています。

 
「ALMIGHTY DOCK TB1」を探す⇒Amazon楽天   
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。