リリースが楽しみ!! iOS 11 betaの「ARKit」で作った動画が続々。

GIZMODOさんに、Apple「ARKit」で作ってみた動画がYouTubeにいっぱい!という記事が掲載されていました。

記事では、WWDCでアップルが発表した、iOSアプリ向けのARフレームワーク「ARKit」を使って作られた、アプリの動画が紹介されています。


まず、面白いのがこちら。
平面が認識されて、AR用のフィールドとなっていく様子がよく分かります。
平面と認識されると、網のようなものが表示されていきます。
カメラで撮るだけで、なんでこんなことができるんですかね。不思議。


こちらは、シャッターを溶断して、その向こうの世界を見せるAR。
ARと現実部分のズレが全くなくて、本当にシャッターが切れているかのように見えます。お見事。


他にも、興味深い動画が紹介されていますので、ぜひどうぞ。

まだまだ、ARKitが公開されて、2週間ほどで、これだけのものができるんだから、秋のリリースが楽しみになっちゃいますね。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。