次期iPhone Editionは表裏ガラスのステンレスフレームに。FaceTimeカメラは液晶に統合!?

Macお宝鑑定団さんによりますと、次期iPhoneのEditionモデルは、背面にもガラスを採用し、側面は光沢のあるステンレススチールフレームとなっているそうです。

ついに、お宝さんからも有力な情報が出ました。
表裏がガラスに、ステンレススチールフレームといえば、iPhone 4もそうでしたが、iPhone 4では、梨地のフレームでした。
次期iPhoneでは、Apple Watchのような磨き上げられたフレームとのことです。ガラスも、表裏とも丸みある2.5Dとなるとのことで、iPhone 6/7のような丸みがあると思われます。

また、ホームボタンやFaceTimeカメラは、液晶面に統合されるとのことですが、touch IDも液晶に統合されるかは、未確認とのことです。



お宝さんの情報ということで、開発ステップや、サイズなど、かなり詳細を言及されており、いつものように確信に迫った情報ではないかと思います。
FaceTimeカメラも液晶に統合できるというのは、かなり驚きました。どちらかというと、touch IDよりもカメラの方が、液晶に埋め込むのは困難と思っていたので。実現に期待です。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。