次期iPhoneは4.7型・5.5型の液晶モデルと5.8型有機ELのラインアップに?

日本経済新聞さんが、復調アップルの深謀 成熟スマホ市場で販売最高という記事を掲載していました。

記事によると、市場は成熟期に入ったが、そんな中でも、iPhoneが売れているとのこと。
目立った機能の向上がなかったiPhone 7が売れた理由として、慣れたユーザーがiPhoneから離れず、リピート率が高さがあるとのことです。

記事では、次期iPhoneについても触れており、

今秋の新モデルでは液晶パネルの2機種に5.8型の有機ELパネル製品が加わる。人気の高い大画面品を増やし、直近で700ドル弱と3年前に比べ1割上昇した平均価格をさらに引き上げようとしている。

とのこと。
すでに出ている噂の通りですが、やはりこの噂が信憑性が高いようですね。

管理人は、6から、6sを飛ばして、7に買い替えましたが、今年は飛ばすわけにはいかなさそう。すでに、プレミアムな5.8インチ有機ELモデル、一択です!!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。