iPhone XのSuper Retinaディスプレイは「残像」「焼き付き」に注意!!

Appleが、「iPhone X の Super Retina ディスプレイについて」というサポート文書を公開しています。

OLED ディスプレイを見る角度を変えると、色味や色合いが若干変化するのに気付くかもしれません。これは、OLED の特性で、問題ではありません。長期的に使っているうちに、見え方に若干の変化が見られる場合もあります。これもまた予想されることで、「残像」や「焼き付き」など、画面に新しい画像が表示された後も前の画像がかすかに残って映るといった現象も、起きるようになる場合があります。極端な例になると、高コントラストの同じ画像が長い時間表示され続けることもあります。Super Retina ディスプレイの開発にあたっては、こうした OLED の「焼き付き」現象の低減という点でも、業界最高を目指しました。

なんか、すごいポジティブな文章になっていますが、つまりは、「なるべく「残像」「焼き付き」が起きないように頑張ったけど、OLEDの特性だからしょうがない」というようなことかな…。

「残像」や「焼き付き」が、なるべく起きないような使い方についても案内しています。

  • iPhone X を最新バージョンの iOS にアップデートしてください。新しいアップデートが公開されると、アップデートの案内が表示されます。「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」でアップデートを確認することもできます。
  • 「明るさの自動調節」を使って、周辺光に合わせてディスプレイの明るさを自動的に調節してください。この設定はデフォルトで有効になっています。設定状況を調べるには、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ディスプレイ調整」の順に選択します。
  • iPhone X のディスプレイを使っていないときは、その電源を切るように設定しておきましょう。時間を短く設定しておくことを推奨します。設定を調整するには、「設定」>「画面表示と明るさ」>「自動ロック」の順に選択します。
  • 静止画像を最大輝度で長時間表示し続けることは避けてください。iPhone X を特に使っていないときでもディスプレイをオンのままにしておく App がある場合は、コントロールセンターを使って明るさを一時的に低くしておけます。

こんなのいちいち気にしていたら、すごいストレス。

OLED(有機EL)としては、当たり前のことらしいけど、今までの液晶では起きてないことなんだから、事前に言っとくのが筋な気がしますが…。
(じゃぁ、知ってたら買わなかったの?と、言われれば…買うんですけどね。米国とかで訴訟になったりしなければいいけど。)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。