シェアわずか1%。iPhone、インドで苦戦中

Bloombergさんによりますと、iPhoneがインドで苦戦しているとのことです。


インドでのiPhoneのシェアは、わずか1%。
販売台数も2017年がピークで、今年は減少が見込まれるそうです。

このような状況を打破するため、Appleは新たな3年計画を進めるとのこと。
2019年には、ニューデリー、ベンガルール、ムンバイの3都市への直営店の出店の計画もあるそうです。


大きな市場で、まだまだ伸び代があるとも言えるのかもしれませんが、1%はあまりにも寂しいし、盛り返すのも難しそう。
ちなみに中国では20%くらいシェアがあるそうです。

もしインドも攻略できれば、株価はさらに上がりそうですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。