次期iPad Pro用のSmart Keyboardは、iPadを「縦」で使用!?

Macお宝鑑定団ブログさんに、次期iPad Pro、ダイヤモンドカットデザインを強調したデザインに変わる?という記事が掲載されています。

記事では、サプライヤーからの情報として、サイズやスペックについて伝えいています。

サイズ

次期iPad Proは、現行モデルとディスプレイサイズは変更せずに、ボディサイズを小さくするようです。

現行iPad Pro (10.5-inch):250.6 x 174.1 x 6.1mm
次期iPad Pro (10.5-inch):247.5 x 178.7 x 6mm

現行iPad Pro (12.9-inch):305.7 x 220.6 x 6.9mm
次期iPad Pro (12.9-inch):280 x 215 x 6.4mm

より狭額縁なデザインで、エッジ部分のダイヤモンドカット加工が、表裏に施され、iPhone SEの縁に似たデザインになるとのことです。(側面がフラットになるのかな?)


Smart ConnectorがLightningの近くに移動

この記事で一番驚いたのが、この部分。

Touch IDに変わり、Face IDが搭載されることにより、本体を横にしてのロック解除が実現出来ないためか、これまで側面に装備されていたSmart Connectorの位置が、Lightningコネクタに近い背面下側に移動しています。

この事から、次期iPad Pro用のSmart Keyboardは縦位置で仕様する方式に変更される可能性が出ています。

やはりFace IDとなるようですが、以前も書いたように、iPhoneよりも、縦横や上下左右を自由に使うiPadでは、Face ID用のセンサ、カメラの位置などに課題があります。

Appeleは、「本体を横にしてのロック解除」を未だに実現できていないとのこと。これでは、Smart Keyboardの使用時にFace IDが使用できないことになります。

それを解決するために、Smart Connectorの位置を移動して、iPadを縦の状態で、Smart Keyboardを使う可能性があるとのことです。

これは、いくらなんでもユーザーに受け入れられないような気がします。
マルチタスクで、縦に2分割とかありえないと思う…。

まだ、可能性なので、最終どうなるかはわかりませんが、さすがにこれはやめて欲しい。
True Depthカメラを縦用、横用につけてくれた方が、まだいいと思う。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。