「Face ID」か「Touch ID」か!? メリット・デメリットについて考えてみた。

「iPhone X」の目玉機能の1つであり、同時に発表された「iPhone 8/8 Plus」との大きな違いでもある、顔認証機能「Face ID」。

「iPhone 8/8 Plus」か「iPhone X」かで迷ったとき、指紋認証の「Touch ID」か顔認証の「Face ID」のどちらが自分の使い方にあっているかは、大きなファクターとなると思います。

ということで、「Face ID」の特徴や気になる点を紹介しながら、それぞれのメリット、デメリットについて考えてみようとお思います。

認証の信頼度

イベントでは、Face IDが誤認識を起こす確率は、1/1,000,000。これに対して、Touch IDは、1/50,000と説明されていました。

Touch IDでも十分な気はしますが、国家機密とか扱うならFace IDにした方がいいかもしれません。

メガネ、マスクなど、どこまでOK?

Touch IDでも、手袋を着用時は使うことができませんが、Face IDの場合は、どのような制約があるのでしょうか。

イベントのデモや、iPhoneのサイトで明らかになっているFace IDの許容範囲は、

・メガネ(サングラスもほとんどは大丈夫)
・髪型
・ひげ
・帽子
・化粧
・加齢
・暗闇
・水滴

「友だちがあなただとわからなくなるほど変わってしまっても、iPhone Xなら認識できます。」というくらい、許容範囲は広いですが、1つ気になるものが含まれていません。「マスク」です。
さすがに「マスク」は、顔の下半分くらいをほぼ覆ってしまうので、NGだと予想されます。

風邪や花粉症、また職種等によっては、マスクを長期間つけるも方も多いと思いますが、そのような方には、Face IDは不便かもしれません。
(マスクが必須の職種の方は、手袋をしている確率も高いかな?)

悪意あるロック解除への耐性

Touch IDでは、粘土で指紋を複製したり、画面に残った指紋から作成したもので、突破することが可能らしいです。

Face IDの悪意ある突破としては、まず顔写真が考えられますが、顔の凹凸を認識しているFace IDには通じません。
また、寝顔で解除されないか、という心配ですが、Face IDは、登録ユーザーがiPhoneを注視していないければ機能しませんので、これも大丈夫です。

顔の型取りして複製したら…という可能性もありますが、仮にそれで突破できたとしても、指の指紋の型取りのように簡単ではないですから、気にするレベルではないと思います。

イベントでは、ハリウッドのメイクアップアーティストの作ったマスクでも突破できないと紹介されていました。(これが顔を型取りして作製したものなのかは不明)

Face IDの登録は一人だけ

「iPhone X」に登録できる顔は、1人だけです。
Touch IDは、5つまで指紋を登録できるので、複数の方で、共有することも可能です。
iPhoneは、基本的にパーソナルな端末として開発されているので、1人だけの登録となっているようですね。(指は1人でも何本もあるので)

もし、何らかの理由で、iPhoneを共有する必要があるなら、Touch IDをお勧めします。

ロック解除の手順

Face IDのロック解除手順は、極めて簡単です。
iPhoneを顔に向けて見るだけ。
iPhoneを置いたままでも、見るだけです。(画面タップか、サイドボタンで画面を点灯させなければならないという説もある。)

Touch IDは、Touch IDに登録した指でホームボタンを押すだけ。

どちらも簡単ですが「見るだけ」のFace IDの方が、楽そうです。
ただし、少し違うのが、Face IDでは、ロック解除の後、画面下から上へのスワイプをしないと、ホーム画面に行かないという点。
Touch IDは、ロック解除と同時にホーム画面へ行けます。
結局、ホーム画面まで行くには、Face IDもiPhoneまで手を伸ばす必要がありますので、使い易さにほとんど差はなさそう。
(おそらく、Face IDでロック解除しただけでも、通知などは見られると思います。また、設定で、スワイプを省略してホーム画面へいける可能性も?。)

Apple Payの手順

もう1つ手順で気になるのが、Apple Payの使用時。
Face IDは、Touch ID同様、Apple Payの認証にも対応しています。

Touch IDの使用時は、ホームボタンを2回押しで、そのまま指紋認証され、支払いが可能になります。

Face IDでは、サイドボタンを2回押しして、iPhoneを見て認証し、支払い、という手順になります。

紹介ビデオを見るか限り、Face IDの認証エリアは、結構広角なので、あまりiPhoneを顔の前に持ってくることを意識しなくでも、認証できると思います。

ホームボタンを2回か、サイドボタンを2回かの違いだけなら、あまり使い勝手の差はなさそうです。

バッテリ消費は?

Face IDは「見るだけでロック解除」という極めてスマートな操作が可能です。ただし、それを実現するためには、iPhoneが常に、近くに登録された顔がないか、探し続けているということになります。(「置いたままで、見るだけロック解除」時に、手動での画面の点灯が必要なら、この心配は不要ですが)

もちろん、近接センサーなどを使って、伏せて置かれている時や、ポケットの中などでは、機能は停止されていると思いますが、ホームボタンに指が置かれた時だけ、稼働するればいいTouch IDは、はるかに待機時の電力消費が大きいはずです。

これは予測ですが、待機時の電力消費は、Face IDを搭載するiPhone Xの方が大きいかもしれません。
(なぜか「iPhone X」の技術仕様に、iPhone 7まではあった「連続待受時間」の記載がないのが気になります)

Face IDだけにできること

ここまでの内容だと、Face IDとTouch IDは、一長一短という感じですが、明らかにFace IDだけにしかできないこともあります。

「Attention Awareness(注意と意識)」という機能で、ユーザーがiPhoneを見ているのかどうかをiPhoneが認識します。
これにより、ユーザーがiPhoneを注視している間は、スクリーンを明るくしたり、アラームの音量をさげたりします。

画面を見ながら、その画面の内容について考えているうちに、自動ロックがかかってしまうというようなこともなくなります。
逆に、見ていないときは、スクリーンをすぐに暗くすれば、バッテリを節約できます。(この機能がどこまで細かな動きをするのかは、まだ明らかになっていない部分も多そうです)

まとめ

Face IDとTouch IDを比較すると、一長一短あることがわかりました。

一番気にかかるのはマスク。管理人も冬から花粉の季節にかけては、ほぼマスクをしていますので、Face IDとTouch IDという基準だけで、iPhone Xか8か選択するならば、iPhone 8の方が便利なのかもしれません。
ただ、管理人は、他の要素も合わせて、総合的に「iPhone X」するつもりです。

認証機能の他にも、価格、納期、ディスプレイ等の他のスペックなど、いろいろ考える要素はあると思います。今回は見送りというのも、値下げされた旧モデルという選択肢もあります。

みなさんの最適な選択肢が見つかりますように、下記記事も参考にどうぞ。

どれにする!? iPhoneが14万〜4万円まで史上最多ラインアップに。

2017.09.13






6 件のコメント

  • テレビのリモコン等は、途中にマスクがあっても一般的に透過すると思うので、FaceIDもマスクをしたままでも問題ないのではないでしょうか。心配なのは着ぐるみを着た時です。

    • マスクもOKだと助かるのですが、ドットプロジェクターが、マスクを通過できないような気もします。
      公式な見解が待たれますね。

  • やぶ猫です。
    先程softbankのお客様センターから電話ありました。
    昨日までの対応は間違ってました。
    Apple Storeで購入しても手続き出来ます。と言われました。
    先走って書き込みしてすみませんでした。

    • やぶ猫さん
      どこで買っても、キャリアと対応プランを契約しておけば、アプリの設定でOKみたいですね。
      LTE版のApple Watchうらやましいです。

  • Touch IDは雨や風呂場などで手やiPhoneが濡れてる時は反応が悪い。また、グローブ(スマホ対応)をしてる時は当然ですが全く反応しないので、今まではパスコードでロック解除していましたが、Face IDならそれも必要ないのでメリットかなぁと思ってます。

    • gomakakuさんコメントありがとうございます。
      雨や風呂場でのメリットもありますね。それを意識して、iPhone Xの紹介ビデオでプールサイドでの使用例があったのかな。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。