ノッチが小さ過ぎる!? 次期iPhone SEは「Face ID」搭載ではないかも。

いろいろと噂が盛り上がっている「次期iPhone SE」。


流出した画像には、iPhone Xのようなノッチが付いており、Face IDに対応していると噂されています。

しかし、1つ疑問があります。それは…
このノッチ、小さ過ぎないか?
ってこと。

次期iPhone SEでは、ノッチサイズが半分近くに?


次期iPhone SE用の保護フィルムとされる図面。
ノッチの幅は、18.7mmとなっています。

これに対して、iPhone Xのノッチの幅を実測してみると。

約34mm。次期iPhone SEは、この半分に近いサイズということになります。
(この保護フィルムは、カメラなどは覆って、スピーカー部だけを切り欠いているという可能性もあるかな…)

ノッチがそんなに小さくできるのか?

iPhone Xのノッチには、スピーカー、カメラ、赤外線カメラ、ドットプロジェクタ、投光イルミネータが搭載されています。

これらが、次期iPhone SEで、急に半分近いサイズに収まるようになるとは、ちょっと考えられない気がします。

18.7mmでは、現行通りの、スピーカー、カメラ、近接センサー/環境光センサーだけの搭載になるのではないでしょうか。

では、認証はどうなる?

可能性としては、ドットプロジェクタなどを使わずに、カメラだけで顔認証するのかもしれません。凹凸までは見ない、ただの顔認証とか、虹彩認証とか。
でも、暗い場所では使えないなど、かなり制約はでるので、可能性は薄いかな。


もしFace IDが搭載されないとなると、Touch IDの搭載となるのでしょうか?

すでにディスプレイ内に、指紋認証を内蔵させているスマホはあるので、Touch IDをディスプレイ内で行う可能性はあるかもしれません。

あるいは、まったく違う認証方法が登場する…!?

もし本当にノッチが小さくできたら、次期iPhone Xは…

もしも、本当にノッチが18.7mm幅に縮小されるなら、それは次期iPhone Xにも反映されるはず…。

ノッチの占める割合がかなり小さくなり、前面のディスプレイの割合が大幅アップ。かなり目立たなくなりました。



実際のところはどうなるのか?
管理人としては、ディスプレイ内蔵型のTouch ID搭載になって欲しい。そして、次期iPhoneでは、Face ID、Touch ID両搭載にして欲しい!!




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。