大型化した電源ボタンに秘密あり!? 感圧センサ化で広がる可能性!!

またまた「iOS 11」GM版から明らかになった情報です。

開発者のGuilherme Rambo氏のツイートによりますと、iPhone 8(iPhone X?)の電源ボタンは、「フェイク」であるとのことです。

「フェイク」というのは、ボタンとしては存在しているが、押し込むことができないボタンになっているという意味で、「フェイク」と表現されているようです。

iPhone 7のホームボタンと同じ?

iPhone 7/7 Plusのホームボタンも、押し込むことができないボタンになっています。
押し込めない代わりに、Taptic EngineでiPhoneを振動させて、クリック感を演出しています。

また、このボタンは感圧式になっており、指を置いているだけなのか、押しているのかも見分けます。
iPhone 8では、電源ボタンがこれと同じ仕様になるのかもしれません。

iPhone 8の電源ボタンの変化点

現行までのiPhoneの電源ボタンは、音量アップボタンと位置とサイズが揃えられています。デザイン的な統一感を出すためだと思います。

しかし、iPhone 8の電源ボタンの変化点として、これまで噂されているのが、ボタンの大型化。これまでよりも、縦長になっています。

その理由として考えられていたのが、電源ボタンへのTouch IDの内蔵。Xperiaでも採用さている方式ですが、これについては、最近はあまり噂されておらず、可能性は低いかもしれません。

ではなぜ、デザインを崩してまで、電源ボタンの位置とサイズを変更したのか、今回の情報がヒントになるかもしれません。

電源ボタンが位置まで感知できるセンサーになっているとしたら…

ただ電源ボタンを、感圧式にするだけであれば、位置もサイズを変更する必要はないかもしれません。

ここからは、管理人の妄想ですが、もし、電源ボタンに感圧センサが搭載されており、さらに、長くなったボタンの中で、指の位置まで認識できるセンサだとすると、かなりいろいろな使い方が出てくると思います。

例えば、カメラ動作時に、電源ボタン上で指を滑らすことで、ズームイン、ズームアウトができるとか、
ブラウザでスクロールできるとか(画面上のフリックでできると言われるとそれまでだが..)。
何か他にも便利な使い方があるかもしれません。

何か秘密があるはずだ!!

ちょっと、イマイチな妄想しかできませんでしたが、Appleがデザインを崩してまで変更した電源ボタン、きっと何か謎があると思います。
これも、イベントの楽しみの1つになりそうです。



追記:これが答えみたい → 「iPhone X」のサイドボタンは多機能でカスタマイズが可能に
使用頻度が上がるから、押し易くするために、大きくしたってことかな。

新iPhoneスペック予想クイズ開催中

新iPhoneの名称「iPhone X」「iPhone 8/8 Plus」の可能性が高まる。で、読み方は?

2017.09.10
多くの方の参戦をお待ちしております。

[via iPhone Maniaさん]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。