2019年の「iPhone」はトリプルレンズカメラ搭載で3倍光学ズームに!?

経済日報さんによりますと、ドイツ証券のアナリストでJialin Lu氏が、2019年にトリプルレンズカメラを搭載した「iPhone」が登場すると予測しているとのことです。

トリプルレンズカメラでは、2つのセンサーで異なる角度から1つの被写体を認識することで、立体的な3Dセンシングが可能になるとのことです。

また、3つのカメラで、最大3倍の光学ズームが使えるとのことです。

4月にも同様の情報をお伝えしましたが、やはりトリプルレンズは有力なのかも。
3Dセンシングは、AR機能などの強化にも繋がりそうですね。

心配なのは、価格…。一体いくらになるんだろう?
管理人は、18年モデルはスルーして待つつもりです。(気が早すぎかな)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。