もう失くさない!? Bluetoothトラッカー「TrackR pixel」を試す。その1

iPhoneとBluetoothで繋いで、iPhoneと距離が離れたら、音や光で知らせてくれる「bluetoothトラッカー」が、いろいろ出ています。

例えば、財布に入れておけば、置き忘れてiPhoneとの距離が離れると知らせてくれたり、スマホでから操作してトラッカーから音を鳴らしたり、逆にトラッカーから操作してiPhoneを鳴らせることもできます。

そんな「bluetoothトラッカー」の中でも、メジャーな「TrackR」(トラッカール)に、新製品「TrackR pixel」が出たので、購入してみました。


従来製品との違いは?

従来製品の「TrackR bravo」との違いは..

ということで、「TrackR pixel」は、光で知らせる機能と、サイズの変更が異なる点です。

こちらが「TrackR pixel」。サイズは100円と500円の間くらいです。(直径26.2mm、厚さ5.6mm)


専用アプリ「TrackR」に登録

「TrackR pixel」は単体では何もできないので、スマホと連携させる必要があります。
iPhoneの場合は、専用アプリ「TrackR」を使って、連携させてます。


まずは、位置情報や通知の利用を許可します。


続いて、デバイスを登録。


名前をつけて、デバイスを登録します。


登録完了。現在地が表示されました。


アラーム鳴らしてみた

iPhoneから操作して、「TrackR pixel」からアラーム鳴らす、またその逆をやってみました。

8bitゲーム機っぽい(ギャラクシアンに似てる?)アラームですが、なかなかの音量。光はちょっとさみしいかな。
iPhone側がなるときは、自動的に最大音量になるようです。消音スイッチをONにしていても鳴ってくれます。
これなら、ある程度場所がわかっていれば、十分探す手がかりになると思います。

「TrackR pixel」からiPhoneを鳴らすアラームの長さは、アプリで設定可能です。
iPhoneからは、一度タップでアラームON、もう一度押せばOFFです。



次回は、詳細設定や、忘れそうになったとき(距離が離れたとき)の挙動をチェックしてみたいと思います。

「TrackR pixel」を探す⇒Amazon楽天




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。