超コンパクトでも高速充電!! 「cheero USB-C PD Charger 18W」を試す。

cheeroさんが発売した、USB PD対応のコンパクト充電器「USB-C PD Charger 18W」を購入しましたのでレビューします。

USB PD対応の充電器も増えてきましたが、この製品の特徴はコンパクトさ。

他の製品はある程度の出力を確保しており、サイズもそれに見合ったものになっています。USB-C PD Charger 18Wは、出力は18Wと抑えめですが、その分、他の製品にはない小型化を実現しています。

パッケージの中で、さらにフィルムで保護された本体は、かなり光沢があり黒光りしています。

コンセントは折りたたみ式で邪魔になりません。

USB-Cポートは、コンセントに対して90度の方向になっています。壁のコンセントで使うと、USBケーブルは上下の方向に出ます。

充電中は、かなり控えめの小さいLEDが点灯します。

他の充電器と比較

iPhone、iPadの付属充電器とサイズ比較。


iPad(12W)と投影面積はほぼ同じですが、ほぼサイコロ型で厚さはあります。
寸法は約 43×43×38mm。

こちらは、管理人が持っているPD充電器の中では最小の「AUKEY PA-Y10」との比較。
さすがに2ポートのPA-Y10と比べると、その差は大きいですね。

先日紹介しました、AUKEYさんの新商品「AUKEY PA-Y10」を購入したのでご紹介。スペックPA-Y10は、「Power Delivery 3.0(USB PD)」に対応した2ポートの充電器。1ポートは、PD対応のType Cポート、もう1つは、通...

iPad Pro 10.5インチでテスト

iPhone Xや8では、USB PDの高速充電に対応しているので「USB-C PD Charger 18W」で、30分で50%の高速充電ができるはずです。

もう1つ高速充電に対応しているのが、iPad Pro。
10.5インチモデルの場合、付属のアダプタでは4時間以上かかる充電が、MacBookに付属のPD対応29Wの充電器であれば、2時間半で受電できるそうです(engadgetの記事さんより)。

では、今回の18Wではどうなのか? 試してみました。



1時間後の残量は52%

2時間後には、92%

最後まで見届けられませんでしたが、2時間半あれば、十分100%になるペースですね。
iPad Proの充電に関しては、29Wの充電器とほとんど変わらないようです。


まとめ

18Wながら、iPhone、iPad Proには十分対応できる製品です。

また、対応機種を見ると..

【対応機種】
Nintendo Switch/Macbook12/Macbook Pro13,15/iPad pro/iPhone X/iPhone 8/iPhone 8 Plus/Google Pixel2,2XL,C/Samsung Notebook 9 Pro 13,15/Huawei Mate9,9Pro,10,10Pro/Matebook 等々

となっています。
MacBook Proにも対応? おそらく、18Wでは、かなり充電が遅くなってしまいそうですが、どれほどの実用性があるのか? 次回、検証してみたいと思います。

→検証結果はこちら

「cheero USB-C PD Charger 18W」を探す⇒Amazon 楽天


高速充電には対応のケーブルも必要です。こちらもどうぞ。

iPhone X/8/8 Plusは、USB-PDによる高速充電に対応しました。その高速充電に必要なものは、この2つでした。 Apple USB-C - Lightning ケーブル USB Power Delivery (USB-PD) に対応する電源アダプタ後者は、いろ...




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。