ホントに置くだけ!! でも充電速度は? iPhone Xでワイヤレス充電を試す。

先日の記事では、USB Power DeliveryによるiPhone Xの高速充電を試してみましたが、もう1つ、新たに対応した充電方法「ワイヤレス充電」について、今回は試してみたいと思います。

iPhone Xを30分で0→50%は本当? USB Power Delivery高速充電を試してみた。
iPhone X/8/8 Plusでは、USB Power Deliveryによる高速充電に対応しています。わずか30分で空から50%まで充電できるとのこと。実際に試してみました。準備高速充電に必要なものは、この2つ。 Apple USB-C - Light...

充電器はこれを使います

ワイヤレス充電には、当然対応の充電器が必要です。
iPhone X/8/8 Plusでは、「Qi(チー)」というワイヤレス充電の規格に対応しましたので、この規格の充電器であればOKです。

充電器選びは、こちらの記事を参考にどうぞ。

数ありすぎるワイヤレス充電器、何をポイントに選べばいいのか考えてみた。
iPhone 8/8 Plus、iPhone Xで、ワイヤレス充電に対応したiPhone。iPhone 8/8 Plusを買われた方はすぐにでも、iPhone X待ちの方も発売までには、ワイヤレス充電器が欲しいと考えている方も多いかもしれません。iPh...

とりあえずAmazonで評価もそこそこで、価格もお手頃なこちらを購入しました。

RAVPower ワイヤレス充電器
RAVPowerという、最近Amazonでもよく見るようになってきたメーカーの製品。


スタンドタイプ。接地面は丸く、省スペースです。
全体的に、ラバー(シリコン?)っぽい質感となっています。


iPhoneが接する背もたれ部分と、上部に「FAST CHARGE」の文字。対応機種(Galaxyなど)であれば、最大10Wの高速充電が可能とのことです。
iPhoneもiOS 11.2では、7.5Wの高速充電に対応するそうですが、これに対応すると謳われている充電器は、Apple Online Storeで取り扱われている2モデルだけなので、この充電器が対応しているかは不明です。


iPhone Xを置いてみたところ。角度は80度くらいかな。


背面のカメラ部は、充電器にはかからないので、充電器とiPhoneの背面に隙間ができることもなさそう。


全体がラバーな感じなので、iPhoneを傷つけたり、滑ってしまう心配もなさそうです。


接続は、MicroUSB。きしめんタイプのケーブルが付属します。
電源アププタは、付属しません。ほとんどのワイヤレス充電器がそうなので、ご注意を。

説明書によると「急速充電を行うためには、別途の15W以上のQuick Charge対応アダプターが必要」とのことですが、まだiPhone Xは急速充電に対応していないので、iPad用の12Wの電源アダプタを使用し、試してみます。

充電開始

バッテリ切れの状態から、充電開始です。

当たり前ですが、置くだけで充電が始まります。これは楽だ..。

充電中は、ベースの部分の周りが光るようになっています。(しばらくすると消える)

15分経過

残量は7%に。
USB-PDの高速充電では、15分で26%だったので、それと比べるとかなりスローペース。

30分経過

残量は15%に。

電圧と電流も測ってみると、約5V、1A。

この後も、ほぼ15分で7〜8%のペース。電圧、電流も5V、1〜1.2Aくらいで安定していました。

120分後

残量61%。
このあと、ややペースが落ちます。

180分後

残量87%
ここからさらにペースダウン。

210分後

残量96%

最後、100%のタイミングを見届けられなかったのですが、約4時間程度かかりました。
USB-PDの高速充電も、後半は遅くなり、100%まで約2時間だったので、そのほぼ倍ですね。


充電は速くはないですが、置くだけで充電できるという手軽さのメリットは大きいですね。手軽にいつでも充電できるので、家にも職場にもワイヤレス充電器があれば、残量が大きく減ることはなくなりそう。
でも、どうしもて急ぎの場合は、ケーブルに頼るという使い分けもできますし。

スタンドタイプは、机の上でもiPhoneがユーザの顔の方を向いているので、Face IDのiPhone Xでは特に便利です。


Androidでは、決して珍しいものでもなかった「ワイヤレス充電」ですが、iPhoneの採用で、さらに身近になりそう。充電スポットも増えるといいですね。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。