iPhoneでデジカメ写真にもジオタグを!! その2 アップロード編

まもまく登場する「iLife’09」に含まれる写真管理ソフト「iPhoto’09」。こちらのデモ必見!! また、Amazonなら「iLife ’09」が10%OFFでお買い得です。)
 
iPhotoの新機能「撮影地」をフルに活用すべく、普通のデジカメで撮った写真にも位置情報(ジオタグ)を付けたい!! ということで、iPhoneをGPSロガー(軌跡情報を記録する装置)化シリーズ第2弾です。
 
まずは、iPhoneをGPSロガー化するアプリ「EveryTrailiconを試すということで、前回は、EveryTrailiconを使って,実際に通勤経路のログを録ってみました。その続き。
 
 


EveryTrailiconでは、記録したログは、一度専用のサイトにアップロードすることになります。
前回紹介した手順でアップロードすると、すぐにメールが届きますので、そのリンクから、アップロードした経路データが確認できます。
 

092222.jpg

こちらが今回の経路。
地図上で経路と、途中iPhoneで撮影した写真も経路データと一緒にアップロードされるので、合わせて見ることができます。
地図は、GoogleMapが利用されていますので、拡大や移動も自由。(iPhone上でみるとかなり重いです。)
 

093232.jpg

さらに、速度やElevation(標高?)といったグラフを見ることもできます。
途中、直線になっているのは、iPhoneをスリープしてしまったところ。スリープを復帰すると、自動的に再計測がはじまり、スリープ前の地点と直線で結ばれるようです。
 
asdasdfadfasfd.pngこのサイトの面白い機能として、自分の移動した経路(Trip)周辺で、別の人がアップロードした経路を教えてくれます。(Similar Trips)
 
どんな機器で記録した経路なのかも、表示されるのですが、私の周りでアップロードしているのは、ほとんどiPhoneから。
見ず知らずの方ですが、近くにもユーザがいると、なんだかうれしかったりします。
 
ただ、注意点として、アップロードしたデータは、すべて公開されてしまうようなので、ヘタにTrip名に「自宅ー会社」とか「通勤」とか付けてしまうと、自宅や勤め先がバレバレになってしまいます。
adsfadsfasfdasdf.png
人に見せたくないTripは、アップロード後に設定を「Public」から「Private」に変更することで、非公開にできます。(アップロード時に設定できたらいいのになぁ)

 
で、最終目的の位置データとデジカメ写真との合体についてですが、アップロードしたデータをパソコンに取り込む必要があります。
 

sadfdsf.png

位置データは、地図の左下にある、「Download」から落とすことができます。
 
落とした位置データを、デジカメで撮った写真に合体させる方法については、また次回
 


 
いまならAmazonさんで、iLife ’09」「iLife ’09 ファミリーパック」が10%OFF!!
iLife、iWork、MacOS XがセットになったMac Box Setも10%OFFです。




2 件のコメント

  • いつも楽しく拝見させてもらっています。
    GPSロガーアプリの記事、個人的にはもっとも興味があるジャンルですから、すごく期待しています。
    Every Trailは、めちゃお気に入りのアプリですが、アップロードすると、データが消えてしまいますので、惜しいですね。
    有料アプリですが、Trailsというアプリがバージョンアップして、写真が撮れるようになったようです。こうなると、Every Trailを抜いて一番のお気に入りになりそうです。

  • kitoさん
     
    Trailsは、次期バージョンでWi-Fiで直接Macに取り込めるみたいなことも書いてありますね。この辺りはiTrailなど、有料アプリが一歩リードかな。
     
    Every Trailは、スリープやホーム画面に戻っても、次回起動で、自動的にログを再開してくれるのが便利ですが、Trailsはいかがですか?
     
     

  • しゅん爺 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。