スマートなのに防水防塵耐衝撃!! 4/4S対応「LifeProof Case」を試す。中編

お待たせしました、防水、防塵、耐衝撃性能の備えたケース「LifeProof iPhone 4/4S Case Gen1」のレビュー、その2です。(前編はこちら
 
lifeploof_15.jpg lp2_05.jpg
前回は装着完了まで。今回は到着後の使い勝手などを。
 
 

lp2_02.jpg

丈夫そうなケースですが、若干のクッション性あり。耐衝撃にも良さそう。
 
lp2_04.jpg lp3_2.jpg
サイドのボタン。ここも完全ガードです。
音量ボタンは普通にガードできますが、マナースイッチまでしっかりガードしつつ、操作もできるのはお見事。前後にちょっとだけ倒れるレバー式のような感じ。
新バージョンのGen 2は、サイドボタンを不意に誤操作してしまうことを避けるポッチがついているのが、唯一のGen1との違い。でも、ボタンもスイッチもケース覆われてて、操作はそれなりに硬めなので、あまり誤操作する心配はなさそう。(あまり価格もかわらないので、お好みでどうぞ)
 
lp2_06.jpg lp2_13.jpg
電源ボタンも完全ガード。セカンドマイクの穴も、もちろん水等が侵入することがないよう、内側からフタされています。(音は通る特殊素材?)
イヤホンもネジ式のフタでガードされています。ここには、付属のネジこみ式ヘッドホンケーブルが接続可能。防水ヘッドホンを繋げれば、水中でも音楽が楽しめます。
 
lp2_08.jpg lp2_09.jpg
Dockは開閉式で、不使用時はしっかりガッチリガードしつつ、使用時にもわざわざケースを脱がす必要なし。
 
lp2_10.jpg lp2_11.jpg
純正サイズ意外は入らなさそうですが、Shortz Dock Extenderを使えば、ちょいテレiも使用可。
 
lp2_14.jpg lp3_1.jpg
ちょっと気になるのが、フロントシールド。ホームボタン等、下の方の操作性は全く問題ありませんが、上に行く程、若干ですが浮きがあります。少々浮いていても、浮いたシールドをなでるだけで反応はするんですが、若干ペコペコするのが気になる。
原因は、シールド内側のスピーカーやセンサー部に、何やパーツがついてるため。
 
という感じです。サイズについては、スマートではありますが、それなりに幅も厚みも増えた分、握った感じは裸とは随分違いますね。あたりまえか。
でも、防水でここまで、普段に近い使い方ができるケースはないと思います。防水、耐衝撃ケースをお探しなら、間違いなくオススメです。
 
次回は、スピーカーや、カメラの写り具合への影響を検証します。
 
 
「LifeProof case」を探す⇒Amazon楽天
 
 
iPhone 4S対応アクセサリをお探しなら→iPhone 4S対応アクセサリカタログ
iPhoneから探すなら、無料アプリ「アイテム ナビicon」もよろしくお願いします。

 




3 件のコメント

  • はじめまして、いつも楽しく記事を拝見させていただいています。
    このケースを8月位から利用してますが、最初は、フロントのペコペコ気になりましたが、利用している間に馴染んで来ます。
    また、こちらの話している内容が、相手に聞き取りにくい場合は、ホームページにも書いてありますが、マイクの穴を外側から口で吹けば、治ります。
    毎日の、現場作業やお風呂で気兼ねなく利用できるので、手放せないケースとなっています。

  • ストラップは装着できそうですか?
    ストラップ用の穴は無いらしいのですが、通せる穴があるらしいです。

  • きみちん
    情報ありがとうございます。
    やっぱりいいケースみたいですね。使ってる方の声を聞けて安心しました。
     
    さかしたさん
    スピーカーの所にある穴に付ける事ができそうですが、かなり小さいので、細めのヒモじゃないと無理かも