キャリアの機種変更支援ブログラムはどれくらいお得なのか?

iPhoneを取り扱う3キャリアは、今年も様々なキャンペーンで、iPhoneユーザー争奪戦を繰り広げていますが、今年新登場したのが、18ヵ月間での機種変更で、19ヵ月目以降の機種代金が免除されるというプログラム。(機種変時、前の端末は回収となります)
 

fig_main.png

ソフトバンク:機種変更先取りプログラム
au:アップグレードプログラム

 
さらに、iPhone 6s/6s Plusの発売に合わせ、購入時にプログラムに入っておくことで、13カ月目からの機種変更でも、プログラムが適用されるキャンペーンも実施されています。
つまり、1年後に発売されるであろう、次期iPhone(iPhone 7?)の発売直後の乗り換えでも、プログラムが適用できるということ。(ただし、機種代金が免除になるのは、19〜25カ月目の7カ月間というのは変わりません)
 
このプログラムを利用すると、どれくらいお得なのか、調べてみました。
 
 


 
ソフトバンクの「機種変更先取りプログラム」と、iPhone 6s/6s Plusに合わせたキャンペーン「1年で機種変更キャンペーン」の場合で、検証します。
 
 
まず、プログラムの概要をまとめておきます。
 
概要:対象機種のご購入時にご加入いただき、18ヵ月間ご利用いただいたお客さまが次の機種変更をする際に、最大7ヵ月分の旧機種残債を免除するおトクなプログラムです。
 

fig_program.png

19〜25カ月目の機種代金が免除。これが通常の機種変更先取りプログラム
さらに、2016年3月31日(木)までに機種変更して、プログラムに加入すると、1年で機種変更キャンペーンが適用され…
 

fig_cp_image02.png

13カ月目に機種変更が可能に。ただし18カ月目までは、前機種の機種代金と機種変更後の機種代金をダブルで支払うことになります。
 
 
それでは、iPhone 6s 128GBに機種変更と同時にプログラムに加入し、13カ月目で、次のモデルに機種変更したとして、iPhone 6s 128GBに対する支払いは、いくらになるのか?
 

スクリーンショット 2015-09-29 23.47.00.png
(プログラム利用料300円/月は、13カ月目以降も支払う必要がありますが、それは、機種変更後の端末代の一部と考え計算していません)

 
57,075円となりました。
通常の支払総額は、119,520 円なので、62,445円お得です。
 
ソフトバンクの、iPhone 6の端末下取り金額は32,400円(機種変更下取りプログラム)なので、それと比べると随分お得ですね。
買取業者でも、6万弱(程度によります。詳細はこちら)なので、それよりもまだお得。
さすがに、ヤフオク!なら、もう少し高くなりそうですが、状態にもよります。
このプログラムでは、ちゃんと動作していれば、少々の傷くらいなら回収してもらえるはずなので、荒っぽく使う人にはいいかもしれませんね。(でも、壊しちゃダメよ。)
 
 
iPhone 6s/6s Plusの購入は、こちら
 
ソフトバンクオンラインショップ
docomo Online Shop
au Online Shop
 
 
SIMフリーはこちら
 
Apple Online Store