500MB無料のSIMが付録「家電批評 4月号」を買ってみた。その3

本日発売された、プランを選べる特別SIMのスターターコードが付録の雑誌「家電批評 2016年 4月号」を入手したので、ご紹介します。その1その2
 

IMG_8954.jpg

今回は、前回届いたプリペイドパックの開通手続きを行います。
 
 


 

IMG_8957.jpg

まずは、開通センター(186-0120-711-122)に電話します。
電話は、自動応答で、24時間受付しています。
 
 

IMG_8961.jpg

ガイダンスに従って、付属のカード「START PASS」に記載された、電話番号とパスコードを電話のボタンで入力すれば、開通。わずか1分ほどで完了です。
 
 

IMG_8969.JPG

続いて、SIMカードを端末にセットします。
 
 

IMG_8970.JPG

続いて、接続設定。
説明書に書いている通り設定してもいいと思いますが、0SIMとかでもやったように、プロファイルで設定していみたいと思います。
 
 

スクリーンショット 2016-03-08 23.57.05.png

こちらから、APN構成プロファイルをダウンロードします。
 
 
 

IMG_8965.PNG

iPhoneから直接アクセスして、ダウンロードしてもいいですし、MacからダウンロードしてiPhoneにメールで送れば、保存したメールから、いつでもアクセスできます。(複数の格安SIMを使いわける場合に便利)
 
 
 

IMG_8966.PNG

インストールします。
これで、設定完了です。
 
 

IMG_8968.PNG

早速、速度を測定。
まずまずですね。
 
 
 
ということで、「家電批評 2016年 4月号」を試してみました。
おなじみになった格安SIMが付録の雑誌ですが、今回の特徴は、SIMが後送りという点。
後送りなので、今回のように、500MBのプリペイドSIMでもいいですし、月額料金のプランもOK。さらに、SIMのサイズや、データ通信のみ、通話機能あり、などの仕様も選べます。
また、開通期限も、従来は数ヶ月でしたが、こちらは約1年。もしもの時のために持っておくのもいいと思います。
 
もう1つ、これまでと違うのが、人気がないこと…。
これまでなら、プレミアつくのが当たり前でしたが、今回は、ヤフオク!でも、Amaonのマーケットプレイスでも、定価割れが続出しています。
これは逆に「後送り」の面倒さが、影響しているのかもしれません。でも、欲しい人にはチャンスですね。
 
 
「家電批評 2016年 4月号」を探す⇒Amazon楽天
 
 


 
快適な格安SIMのレビューはこちら→DMM mobileIIJmioぷららモバイルLTE