iPadにDockってどんな感じ? 純正「iPad Dock」を試す。後編

前編に引き続き、iPad Dockのレビューをお届けします。
 
前回は、外観チェックでしたが、今回はついにiPadを載せます。
 
ipaddock_27.jpg ipaddock_21.jpg
iPadのDockの位置が見えないので、挿す時は、ホームボタンの位置を目印に。
これが載せた姿。iPadに対してDockはこの程度の大きさ。
 
 


ipaddock_25.jpg ipaddock_23.jpg
Dockの背もたれ部に、接しているのか微妙な感じ。さすがにこの大きさなので、Dockに挿したまま、iPadの上の方をタッチするとかなり不安定。
 
で、挿すのはいいが、どうやって抜くか..。
ipaddock_32.jpg ipaddock_33.jpg
もちろん、そのままiPadを持ち上げたら、Dockごと浮いてしまう。
iPhoneなら、指でDockを押さえながら、片手でiPhoneを外せるのだが…
 
ipaddock_36.jpg ipaddock_35.jpg
iPadは、iPadの端から、Dockまでが遠いし、iPad自体が重いので、片手ではちょっと無理。
片手でDockを押さえて、もう一方の手でiPadを持ち上げることになると思うのだが、前からはDockを押さえるのは難しそう。
 
ipaddock_37.jpg ipaddock_34.jpg
横から手を回すのも、iPadがちょっと邪魔。本当に使い易くするには、机に貼付けちゃった方がいいかも。(こんなのとかで。)
 
で、最後の問題はどこに置くか。
現状、私の机の上は…
ipaddock_29.jpg ipaddock_30.jpg
ほぼiMacでいっぱい。iPhoneはDockに載って、iMacの前に。
ここにもし、iPad+Dockを置くと..
 
う~む、やっぱりiMacの画面が隠れてしまう。
iPadをちゃんと置くには、それなりの広い机が必要ですね。
 
ということで、私の使い方としては、


ipaddock_38.jpg ipaddock_39.jpg
ケースに入れて、iMacの横の立て掛ける感じとなりそうです。
 
iPadの使い方すれば、個人の机に置くよりも、リビングに置いておくのが理想型。
同期の時だけこの形で、それ以外は、リビングにケースのままのスタンド機能あるいは、Dockを使って置くかして、だれでも使えるようにしたいと思っています。が、まだリビングに置く許可が下りていません。小さい子が居るので..。
 
iPadは、iPhoneよりもケースに入れる率が高いのではないかと予想しているので、ケースのままで使えないDockは、使う人は少ないかもしれません。
でも、iPadを裸で使うなら、デザインはやっぱり純正品がいいので、置くスペースを確保して購入されるのがいいかと思います。
 
 
Apple Storeの売り場へ→「iPad Dock