成層圏まで行って無事帰還したiPhone。

らばQさんに、風船にiPhoneとデジカメを載せ、成層圏からの撮影に成功…GPSで回収という記事が掲載されていました。
 
記事によると、

ニューヨーク州の父子が、気象用のバルーンにiPhoneとデジカメをくくりつけ、はるか3万メートル上空の成層圏での撮影に成功したそうです。


iPhoneとデジカメを搭載したお手製ロケット…じゃなくて、気象用のバルーンを飛ばし、撮影しながら成層圏へ到達。
最大時速240kmで落下ましたが、iPhoneのGPSで、打ち上げ(?)地点から、48km地点で無事回収されたそうです。
 

凄いですね。iPhoneはただのGPSだったのかもしれませんが、成層圏まで行って返ってきたってのが、ロマンがあるじゃないですか。
一応、気象観測用バルーンなんてのも売ってますが、記事にあるように「日本では航空法などに抵触する恐れ」があるそうなので、安易に真似しない方がいいようです。(本来気象観測用のバルーンですが、主にイベント等で使われていることが多いとのこと。)
 
iPhoneの仕様によると「最高動作高度:3000m」となっていますが、1桁修正しないといけませんね!?
 




1 個のコメント

  • なんとまぁ壮大な試みなんでしょう!
    映像見て、自分も宇宙に行った気分になりました☆彡 しかし、iPhone無事だったんですねぇ!すごいなぁ。