プラチナバンドを山手線を1周して検証した記事。

らばQさんに、ソフトバンクのプラチナバンド開始で、iPhoneはソフトバンク優勢となったのか…?山手線を1周して検証してみましたという記事が掲載されていました。
 
記事では、auとソフトバンクのiPhone 4Sを2台ずつ準備して、それぞれ同キャリア同士で通話状態にし、山手線1周で通話が切断された回数をカウントする、という検証を行っています。
 
結果は、「ソフトバンクはauの4.3倍切れやすい」という散々な結果に…。
 
 


ただし、それもそのはず、プラチナバンドによる改善は、徐々に(当初孫さんは「一気に」と言っていたけど…)進められているので、なかなか全体的な改善とはなっていません。
記事にも書かれていますが、7月に東京都内でプラチナバンドが整備されたのは、豊島区、板橋区、北区の一部のみ。(エリア拡充日次速報で確認可能)これでは、まだ差は縮まらないでしょう。
 
プラチナバンド投入の効果を、単純に調べたいなら、auとの比較ではなく、ソフトバンクのプラチナバンド対応機と非対応機で、比較して欲しいなぁ。山手線じゃなく、新幹線で本州縦断とかしたら、多少は差がでるかも?
 




1 個のコメント

  • あんなCMガンガン流したら
    softbankでプラチナバンドをもう使えるのか!
    って勘違いしてしまう。
    宣伝が上手いというか、騙しているというか