iPhone 5のテザリングで、iPad mini Wi-Fiを検討中のみなさまへ。

iPhone 5をお持ちで、iPad miniを購入される方の中には、iPhone 5のテザリング機能で、iPad miniの使用を考えている方も多いと思います。
 
すでにauユーザの方は、ご使用されていると思いますが、私も含め、ソフトバンクユーザの方は、来月サービス開始。どんな手順でテザリングするのか? 毎度設定が発生するのか? 気になっているかもしれません。
そんな方に、参考になる記事が、マイナビさんにあがっていました。
 
初めて登場した、”9.7インチじゃないiPad” – iPad mini徹底レビュー(後編) テザリングの活用とベンチマーク
 
 


記事では、iPhone 5でのテザリングについて、詳しく紹介しています。
 
初期設定は…
・『設定』→「インターネット共有」の順に画面を開き、「インターネット共有」をON
・Wi-Fiで接続する場合はパスワード(8文字以上)を設定
 
と、難しいものではないようです。しかし、実際の使用時には、さらに追加操作が…

いちどスリープしてしまうと、そのままの状態ではWi-Fiアクセスポイントとして検出されないのだ。『設定』→「インターネット共有」の順に画面を開きしばらく待てば、Wi-Fiの信号を発するようになり検出可能になる

とのことで、毎度これをやるのは結構面倒ですね。
 
これを回避するため、記事ではBluetooth接続を提案されています。(上記はWi-Fi接続。)

接続がBluetoothであれば、iPhone 5がスリープ中であっても難なくBluetoothデバイスとして検出される

これなら、使いたいとき、すぐに使えますね。ただし、速度はかなり落ちるとのこと。iPhoneがLTE通信している場合は、もったいないですが、3GならBluetoothでもいいかも。
基本は、Bluetoothにしておいて、ガッツリ使うときは、Wi-Fiに切替えるのもいいかもしれませんね。
 
そんなことも気にせず、iPad miniを使いたい方は、Cellularモデルをおすすめします。
今回、CellularモデルもLTE対応になったので、料金プランも新たなものになると思われます。海外では、複数の回線でデータプランを共有するサービス(例えば、iPhoneとiPad Cellularモデル)もあるらしいので、日本でも展開されると面白いかも。
 
iPad mini Cellularモデルでもテザリングが可能となれば、大容量バッテリのWi-Fiルータとしても使えるかも?ただし、前述の操作の手間はありますが。
iPad mini Cellularモデル+iPod touchっていう、iPhone 5+iPad mini Wi-Fiモデルの逆パターンもあり?
 




1 個のコメント

  • 私は、iphone5をパケットし放題 for 4G LTEプランで、現金購しました(iphone4は下取り)。
    普段はLTEなどパケット通信はオフです。プッシュ通知は受け取れますし(MMSだけ怪しいけど)、SMSは普通に使えます。ただし、買い替え割が適応なしが痛い!
     
    その心は、ipadがあり、MacBookAirがあり、周りにはその他いろいろの端末を持つ友人がいる。
    だから、別にイーモバのLETルーターを持つことで、バッテリー問題含めて、解決としました。
    邪道ですかね?
    いちいちイーモバのルーター、簡単にスリープし、復帰ができますから、一日、スリープにしてます。バッテリーも問題なしだもの!